百年の孤独定価好用嗎,レディース靴バレエシューズ_百年の孤独定価包郵価格 百年の孤独定価包郵価格 outlet!


2015-01-28 16:57    百年の孤独定価
 練りに練った計画と、チャンスと、柔軟性を持った機敏な行動さえあり、|完《かん》|璧《ぺき》のチーム・ワークが加われば、ツーメン・ジョブやスリーメン・ジョブの場合、古典的ともいえる見事な完全犯罪が生れる。  この場合、一番成功率の多いのはチェスタートンのパラドックス、「一枚の木の葉を隠すには森の中へ、一つの石ころを隠すには砂浜へ」という人間の盲点をついた|緻《ち》|密《みつ》で大胆な犯罪であろう。  景色の一つにまでとけ込んだ犯行者が、待ちに待った時が来た時、機械の様に機敏、正確に行動を起し、捜査の裏をかいて、あっと言う間も無く姿を消す。  邦彦は目を開き、新しいタバコに火をつけて深々と吸込みながら、今まで計算しては消し、消しては計算しなおした入学金強奪計画を再び検討した。  締切直後の経理課事務所。  室外では掃除夫が熊手で散らかった紙くずを集めている。|傍《そば》のベンチでは二人の学生がタバコをふかしながら何やら話合っている。電話修理工の服装をした一人が、外部から電話線を切断した瞬間、事務所の両方の戸口には銃を手にした掃除夫と、学生服の一人が立ち、邦彦自身が課長に銃をつきつけて金庫を開かせる。奪った金は車に積む。  しかし、いつもどこかに人影のある大学のキャンパスから|易《やす》|々《やす》と逃亡出来るはずはない。数十人の職員が騒げば、始末がつかない。それに共犯者に、つまり他人に自分の生命を託す事は、己れのみを頼りとするローン・ウルフである邦彦にとって、自殺行為に等しい。邦彦は青ざめた額に玉の汗をにじませ、からからに|干《ひ》|上《あ》がった口を開けて重い呼吸を続けた。目は血走り、どうにもならぬ壁を模索する心を表わす顔には、苦痛と焦慮の影が濃い。  二カ月が走りすぎた。  新聞、ラジオは警官射殺事件の迷宮入りを伝え、急速に人々の心から忘れ去られた。  邦彦は昼は大学院に通い、ノーマン・メイラーに没頭し、帰宅後はジェームス・ケインの「ミルドレッド・ピアース」を毎日三十枚の機械的スピードで訳して行った。  人あたりが柔らかで快活な学徒に見えた。  肉体的トレーニングも怠らなかったが、その他の時間は次の犯行の準備や聞込み、現場の下調べに費やした。  銀座二丁目のナイトクラブ「マンドリン」。狂乱のクリスマス・イヴの翌朝。  |華《はな》やかに繰りひろげられた、恒例の仮面舞踏会と|博奕《ば く ち》祭りの興奮から醒めた午前三時半。  華麗な五色の水玉を|綾《あや》なして廻り狂ったミラー・ボールのライトも今は消え、金糸をちりばめた真紅の|緞帳《どんちょう》をバックに|漆《しっ》|黒《こく》のドーランに真白い歯を|煌《きら》めかしたバンド・メンのきらびやかな楽器から流れる狂熱のリズムに乗って、|絢《けん》|爛《らん》たる|扮《ふん》|装《そう》を凝らして熱帯魚の様に踊りぬいたあらゆる国籍の客も、飛魚のように|尻尾《しっぽ》を張った車で散っていった。  砕けたシャンペーンの泡はフロアにまで流れ、食い散らかされたオードブルはカクテル・グラスの中を泳ぎ、乱立したタバコの吸殻からはもう煙はたたない。