gucci 財布 メンズ 長財布適合年齢_グッチコピーメタルバー グッチシマ 長財布 メタリックブルー112715AHB1G4104 ブランドgucci 財布 メンズ 長財布オファー,gucci 財布 メンズ 長財布公式 outlet!


2015-01-28 17:42    gucci 財布 メンズ 長財布
「ねえ、奥さん。何もそうむきになることはない。ぼくたち、被害者同士なんですよ」  船越は哀れみのこもった声で言った。  翔子はそういう言い方をされるほど、船越を仲間と思ったり、同志と思ったりしたことはない。いや、それどころか、そういう言い方をされてにじり寄られるなんて一番、いやなことであった。 「船越さん、はなして!」  翔子はなおも抗った。 「眠っているところを襲うなんて、卑怯《ひきよう》よ。どうしたの、主人とあなたの奥さん、まだ現われないの?」  翔子は何とか船越を、冷静にさせようと思った。  しかし、船越にはそれがかえって藪蛇《やぶへび》だったようである。 「畜生。まだ現われません。あの二人、今夜もどこかで楽しんでるに違いないんだ。ねえ、奥さん、おれたちだって……」  船越はそう言いながら、のしかかろうとする。酒の匂いも、かなり強く残っていた。  しかし、酒の勢いをかりて翔子に挑《いど》んでいるというよりは、これまで加寿美にされた身勝手な仕打ちに対する復讐とでもよびたい感情を、今、翔子にむけて爆発させようというふうにさえ、翔子には感じられた。  それだけに、危険であった。驚いたことに船越はもう、上半身は裸なのである。下半身も白いブリーフ一枚しかつけていなかった。 「だめよ、だめよ、はなして!」  翔子は激しく突きとばして、空いている左手であわてて襟元をかき合わせながら、起きあがって後退《あとずさ》った。 「これ以上、こないで!」 「だって、奥さん……」 「これ以上、こないで。来たら、番頭さんを呼ぶわ」  起きあがってきた船越の眼の中で、物狂おしい炎が揺れた。