收藏

ヴィトン長財布偽物編集

NICOLE LEE ニコールリー ウォレット( P5701 BEA CANVAS DETAILS WALLET ビジュー&ビーズスタッズ長財布二コールリー ニコールリー長財布 二コールリー GLITTERグリッターnicole...
__7,98000
NICOLE LEE ニコールリー ウォレット( P5701 BEA CANVAS DETAILS WALLET ビジュー&ビーズスタッズ長財布二コールリー ニコールリー長財布 二コールリー GLITTERグリッターnicole... 
NICOLE LEE ニコールリー ウォレット( P5323 IVY GEMSTONE WALLET ストーン宝石ビジュースタッズ長財布二コールリー スネーク柄ニコールリー長財布 二コールリー GLITTERグリッター
__6,88000
NICOLE LEE ニコールリー ウォレット( P5323 IVY GEMSTONE WALLET ストーン宝石ビジュースタッズ長財布二コールリー スネーク柄ニコールリー長財布 二コールリー GLITTERグリッター 
NICOLE LEE ニコールリー ウォレット(CUP5934 CUPCAKE GIRLWALLET カップケーキガールプリントモデル長財布二コールリー シャイニーゴールド nicole lee財布 LAセレブパリ 二コルリー...
__8,50000
NICOLE LEE ニコールリー ウォレット(CUP5934 CUPCAKE GIRLWALLET カップケーキガールプリントモデル長財布二コールリー シャイニーゴールド nicole lee財布 LAセレブパリ 二コルリー... 
NICOLE LEE ニコールリー ウォレット P5005 WALLET 二コールリージオメトリック長財布 スタッズジオメトリーGLITTER掲載ブランド グリッターladys長財布 ニコールリー財布 LAセレブ愛用さいふ...
__6,98000
NICOLE LEE ニコールリー ウォレット P5005 WALLET 二コールリージオメトリック長財布 スタッズジオメトリーGLITTER掲載ブランド グリッターladys長財布 ニコールリー財布 LAセレブ愛用さいふ... 
NICOLE LEE ニコールリー ウォレット(TAP5206 REINYBEARTAPESTRYSOFTWALLET テディベアポーチ型二コールリーアンティークタペストリー ゴブラン織 掲載ブランド ladys綴織長財布...
__5,28000
NICOLE LEE ニコールリー ウォレット(TAP5206 REINYBEARTAPESTRYSOFTWALLET テディベアポーチ型二コールリーアンティークタペストリー ゴブラン織 掲載ブランド ladys綴織長財布... 
NICOLE LEE ニコールリー ウォレット( P5617 フラワーアクセサリースタッズ長財布 ニコールリー長財布 二コールリー GLITTERグリッターnicole lee 長財布 ニコールリー財布 LAセレブパリ...
__8,20000
NICOLE LEE ニコールリー ウォレット( P5617 フラワーアクセサリースタッズ長財布 ニコールリー長財布 二コールリー GLITTERグリッターnicole lee 長財布 ニコールリー財布 LAセレブパリ... 
「やらしてくれる女の子、いないのかしらね、健介さんには」 「いたって同じだよ。男の子ってのは見た片端から女にはめたくなるもんだ。その上、健のばかは調子者だからな。ダチがやろうって言い出せば、まっ先立って走っていくにきまってら」 「そうね」 「こいよ、奈保」 「はい」  奈保は起きあがり、ベッドに膝を突いて、甲田の顔をまたいだ。甲田は片手にブランデーのグラスを持ったまま、もうひとつの手で眼の前の奈保の陰毛を撫でた。濃くて毛足の長い陰毛が、生《は》えぎわを一線にそろえて逆三角形に性器を覆《おお》っていた。  甲田は陰毛を撫であげ、指でクレバスを押し開いた。そうやって仔細《しさい》に眺《なが》めながら、グラスを口にはこんだ。奈保はヘッドボードに手を突き、眼を閉じて腰を突き出している。  甲田の指が、陰毛の下の襞《ひだ》を分け、小陰唇を指先でつまんでちぢみを押しひろげた。細い隆起の付根《つけね》を指が押すと、包皮の中からクリトリスがむきだしにされた。粒の大きなクリトリスに、甲田がすぼめた唇で息を吹きかける。クリトリスは小さく息づくような動きを見せ、奈保がかすかな声を洩《も》らす。甲田の口もとにげびた笑いがひろがる。  甲田はさらに、奈保の膣口を指で押しひろげておいて、そこをのぞきこむ。そこに浅く指をくぐらせる。 「いや、見るだけじゃ……」  甘えた声で言って、奈保が浮かしていた腰を落とした。甲田の口もとが、奈保の陰毛で囲まれた。甲田はブランデーのグラスを奈保に渡し、彼女の尻を胸の上で抱え込むようにして引き寄せ、舌をクレバスに割りこませた。奈保はブランデーをすすりながら、喘《あえ》ぐような声を出して、ゆるやかに腰をゆすり立てた。  奈保の声が次第に高くなっていく。甲田は舌と唇を動かしながら、溢《あふ》れてくる奈保のうるみを、わざと音を立てて吸い、両手を上げて彼女の乳房を揉みしだいていた。  やがて奈保は甲田の胸の上で躯の向きを変え、そのまま突っ伏して甲田の男根に深々と唇をかぶせた。奈保の口からは絶え間もない喘ぎの声が洩れつづけている。その声は男根でふさがれた口の中で、ときどき舞い上がるように高くなる。  甲田がはげしく舌と唇を動かしながら、奈保の尻の横から伸ばした手の指を、彼女の膣とアヌスの両方に埋めているのだった。    4  週が替わって、藤田昌代は二勤の勤務番になっていた。
表示ラベル: