ダミエ ファセット ジョーヌ

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null やはり久吉も同じことを考えていたのかと音吉は思った。が、岩松は険しい顔をして二人を見た。岩松は、音吉たちが日本の話をすると、時にこんなきびしい顔をする。はじめは、それが音吉には不思議だった。が、この頃《ごろ》では、そんな気持ちもわかるのだ。岩松には妻子もいれば老いた養父母もいる。故国のことを思うといても立ってもいられなくなるのだ。  宝順丸の上にいて、日本を思うのと、インデアンたちの中に奴隷《どれい》として生活しながら日本を思うのとでは、大きな差があった。  見たこともない他民族の中に、こき使われながら生きていると、日本は余りにも遠い遥かな国に思われてくる。宝順丸はまだ日本の延長であった。米もあれば障子《しようじ》もあった。刺し子も股引《ももひ》きも手拭《てぬぐ》いもあった。布団もあれば、かいまきもあった。茣蓙《ござ》もあれば、和紙もあった。いや、何よりも神棚《かみだな》があり、仏壇があった。そして船玉《ふなだま》さまが厳然としてあった。宝順丸の中には、このように日本があった。  インデアンたちは、仏壇や神棚を何と思ったのか、叩《たた》き壊して、浜べで焼き捨ててしまった。 (船玉さまだけは……)  心ひそかに音吉はそう思って、浜べに打ち上げられている宝順丸のほうに向かって、いつも手を合わせてきた。だが岩松も久吉も、 「船玉さまは、脱《ぬ》けてしまったでな」  そう言って手も合わせない。破船する前に、船玉は必ずその船から消えてしまうと言い伝えられていたからだ。それは破船した船を解体してみても、確かに入れて置いた筈《はず》の髪の毛や、五穀《ごこく》が見えなくなっていることが多いからでもあった。船を上がる時、それらを誰かが持ち去ったものであろうと見る者もいた。だから大方は、 「船玉さまに見捨てられたから、破船した」  と、信じていた。  音吉はしかし、あの宝順丸から船玉が消えたとは思っていない。琴の髪の毛が入っている筈の船玉が、自分を見捨てて消え去ることはないと、確信している。体に暇が出来たら、必ずその有無を確かめようと心に決めていた。 「それにしても酋長《しゆうちよう》は、あの宝順丸をどうする気なのだろう」  三人はよく語り合う。 「あったかくなったら、あの船を修理するつもりかも知れせんな」 「それとも、ばらばらにして、何かに使うかもな」 「薪《まき》にして燃やすのや」 「いやいや、死人がたくさん出た船や。これ以上手をつけられせん」  三人はそんなことを語り合い、もし修理が可能なら、あの船に乗って逃げようと話し合ったこともある。
    2015-01-28 17:17
    ŗ 評論 0
発祥地|ダミエ ファセット ジョーヌ
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ダミエ ファセット ジョーヌ推薦_ビトン 財布|安値売り出しダミエ ファセット ジョーヌ|ダミエ ファセット ジョーヌ着払い outlet!