ルイヴィトンヴェルニ新作
null
ルイヴィトン ヴィトン LOUIS VUITTON コインケース メンズ レディース 小銭入れ モノグラム ヴェルニ ポシェット・クレ NM ローズアンデ...
__49,80000
ルイヴィトン ヴィトン LOUIS VUITTON コインケース メンズ レディース 小銭入れ モノグラム ヴェルニ ポシェット・クレ NM ローズアンデ... 
ルイヴィトン LOUIS VUITTON バッグ レディース トートバッグ モノグラム ヴェルニ イカット プリント カタリーナBB ローズヴェルール M...
__198,00000
ルイヴィトン LOUIS VUITTON バッグ レディース トートバッグ モノグラム ヴェルニ イカット プリント カタリーナBB ローズヴェルール M... 
null 雌狼は、人間の言葉ですらも、理解できていた。 だが、判らなかった。この男が、この存在が、何者なのか。 獣の本能の部分で、「拒否」の感情が働いた。 雌狼は、答えなかった。 「ふん、まあいい。俺には求めるものがある。———永遠をかけて求めなければならないものが…永遠の命題が。」 男は再び踵を返し、去っていった。 それきり、雌狼と男とは二度と会うことは無かった。 雌狼は、考えた。 名前とは。