psp 新作 ゲー ムどう,gucciのショルダーバッグ_psp 新作 ゲー ム包郵,psp 新作 ゲー ム良い outlet!


2015-01-30 03:51    psp 新作 ゲー ム
「耕ちゃん」  おずおずと福子が呼んだ。呼ばれる前にふり向いていた耕作は、 「なにさ?」  とやさしく言う。 「耕ちゃんに、先生何の話した?」 「うん、何でもない」  中学に行かないかと言われた話を、福子にはかわいそうで告げるわけにはいかない。福子だって成績はいい。町にいれば女学校に行ける筈なのだ。 「そうお」  何でもないと答えたことがうしろめたくて、耕作は歯切れ悪く、 「さいなら」  と言った。と、福子の目から涙がこぼれた。福子は泣いていたのだ。 「わたしね、耕ちゃん」  涙を一ぱいためた目で、福子は耕作を見た。 「なあに?」 「ううん、何でもないの」  福子はぱたぱたと駆け戻って行った。影のような、力のない姿だった。  うしろで、馬《ば》橇《そり》の鈴の音がシャンシャンと高く鳴った。雪道に一歩踏みこんで立つ耕作の傍に、馬橇はとまった。三《み》重《え》団体とみんなが呼ぶ、米作地帯の一人だ。三重県から入植した一団には、小作は一人もいない。どの家も豊かだ。弁当に米のたくさん入った麦飯を持って来る。  その橇に乗せられて、耕作は家に帰った。