コーチ 財布 メンズ 二つ折り
null
カジュアル 財布 メンズ 二つ折り 焦茶 黒 エンボス焦茶 エンボス黒
__2,980 - 4,63000
カジュアル 財布 メンズ 二つ折り 焦茶 黒 エンボス焦茶 エンボス黒 
おしゃれ 腕時計 メンズ カラフル 青 白 緑 橙 黄 赤
__2,99000
おしゃれ 腕時計 メンズ カラフル 青 白 緑 橙 黄 赤 
エンジェル 天使の羽 クリスタル イヤーカフ ビジュー 左耳 用 (シルバー)
__1,99000
エンジェル 天使の羽 クリスタル イヤーカフ ビジュー 左耳 用 (シルバー) 
【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり
__2,278 - 3,88000
【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり 
サイフ メンズ 財布 革 マネー クリップ 本革 ウォレット 編込み ホルダー
__1,68000
サイフ メンズ 財布 革 マネー クリップ 本革 ウォレット 編込み ホルダー 
変装 グッズ パーティー 演劇 なりきり 小道具 コスチューム
__1,50000
変装 グッズ パーティー 演劇 なりきり 小道具 コスチューム 
null 院代はおもむろにうなずき、いやご苦労ご苦労とは口にこそ出さなかったが、ちょうどそのような雇い主の態度でしばらく皆の仕事ぶりを鼻に皺を寄せて観察していた。それからゆっくりと向きを変え、病院の玄関のほうへ引返していった。両手をうしろに組みあわし、鶴のような足のあげ方をしながら、その院長代理の姿は大玄関の中へ消えた。職人たちは今度こそ、声にだして「へ!」と言った。  辺りは静かであった。昂奮した脳病患者の叫び声とて聞えず、わずかに松の枝に雀たちの群れが集まってちちと鳴いた。日曜で外来は休みなので人々の往来もなく、楡病院は一見しずかに憩っているように見えた。ところが、いい加減嫌々仕事をしていた職人たちの注意を引きつけたことに、またもや玄関の前にひとつの小さな人影が現われたのである。  それは基一郎の末娘、桃子であった。風邪がはやっているから戸外へ行かぬようにとめられていた彼女は、もう部屋にこもっているのに飽々したのだ。彼女は下田の婆やの制止もきかず、ゴム毬をもって病院の横手をまわり、毬をつくのに都合のよい石畳の玄関先にやってきたのだった。婆やがつけてくれたガーゼのマスクはとうに袂に入れてしまっていた。そしてちっとも戸外の寒さなんぞ気にかけず、器用に毬をつきながら、甲高い声でこんなふうな唄をうたった。   むこう横町のお稲荷さんへ   一銭あげて   ざっと拝んでおせんの茶屋へ   腰をかけたら渋茶をだして   渋茶よくよく横目で見たらば   米の団子か土の団子   お団子だーんご   この団子を犬にやろうか猫にやろうか   とうとうトンビにさらわーれた  それはたいそう忙しい毬つき唄であった。「一銭あげて」というところでは親指と人差指で丸をつくる。「ざっと拝んで」では拝む真似をする。「腰をかけたら」では片手の握りこぶしを尻にあてがう。これをすべて毬をつきながらやるのである。後半になるともっと忙しくなる。次第に毬をつく速度が速くなり、桃子は両手をあげたり、片手を毬の下にくぐらせたり、ぱっと裾をひらいて股引をはいている足をむきだしにしたりした。 「嬢ちゃん、ようよう」  職人たちの間から声援の声があがった。  そのため桃子はますます勢いづいた。彼女はもう得意満面であった。丸まっちい鼻の頭に小粒の汗をかき、忙しく毬をつき、忙しく唄った。彼女は下町の長屋の小娘さながらであった。無我夢中で仕種をし、ちびた下駄をつっかけた足を跳ねあげた。そして彼女は、自分でも惚々するくらい実にすばやく毬を小刻みにあやつりながら、最後のもっとも困難な技術を要する追いこみにかかった。