長財布長財布メンズ人気ランキングスーツ_chanelカンボンラインラウンドファスナー_長財布長財布メンズ人気ランキング実体の店_最高の長財布長財布メンズ人気ランキング outlet!


2015-01-30 04:24    長財布長財布メンズ人気ランキング
「じゃ、もう少ししたら、一服して。お茶をいれるから」  母親の着古した野良着だろう。袖口がすり切れ、モンペもよれよれになっていた。家の中に入る福子を見ながら、耕作は自分でも説明のつかない福子へのいとしさに、不意に胸を突かれた。 「こないだ、十日前ぐらいの新聞に出ていたっけなあ。十三の少年が水ごりしたってよ」  権太が耕作に話しかけた。馬小屋に似た臭いの堆肥を雪の上におろしながら、 「ああ、いたいた。足尾銅山だったな」  七十近い祖母が病床に就き、稼《かせ》ぎ手の父が入隊して、その日の糧《かて》にも困る生活におちいった少年が、毎朝四時に起きて、祖母のために水ごりを取っているという。新聞には美談として扱われていたが、教師をしている耕作にはたまらない記事だった。少年は足尾銅山に、日給二十銭で働いていると新聞は報じていた。一日二十銭で、何を食って生きて行けるのか。この曾山の家よりも悲惨だと、耕作は思いながら、しかし今耕作は、福子の淋しげな微笑を思っていた。節子が日に向かって咲く花だとしたら、福子は日に背を向けて咲く花だ。いつか拓一が歎《なげ》いていた。 「福子は逃げればよかったんだ。牛や馬じゃあるまいし、売られていくなんて、馬鹿だ」  と。売られても、逃げ出せない福子と、嫁入り先を嫌って逃げ出す節子と、二人はあまりにも対照的だと、耕作は何か気が滅入って行くのだ。  堆肥は畠の上に、小さなにおのように並べられて行く。畠の中を川が流れている。冬の間は川も一面雪に覆われていた。その雪があちこち融け落ちて、所々厚い雪のトンネルができている。水が逆波を立ててそのトンネルをくぐり、流れて行く。耕作はふっと、フォークを突っ立てて、水を眺めた。川岸の雪が、音もなく崩れて、川に落ちた。見る間に雪に水が沁《し》みて、そのまま雪は流れて行く。岸の猫柳が銀色に光っている。その猫柳を見つめながら、耕作は自分で自分がわからなくなっていた。  去年の五月、節子が逃げる直前、節子は耕作に言った。 「わたしが好きなのは、石村さん、あなたなのよ」  その言葉が、耕作の心をかき乱した。耕作もまた、節子を愛しはじめた。幾度か節子を、夢の中で抱きしめもした。が、たった今、福子のモンペ姿を見て、不意に心を突き動かされたのだ。それは、節子に対する、抱きしめたいような想いとはちがっていた。それよりももっと、悲しみと苦渋に満ちたいとしさだった。 (もしかしたら……)  自分は、本当は福子を好きなのではないか。耕作はそう思って愕《がく》然《ぜん》とした。  とうに、拓一の福子に対する気持ちはわかっていた筈だ。わかっていたからこそ、福子には単なる幼馴じみとして接して来たつもりだった。 (いやな奴だ、おれは)  耕作は思いをふり切るように岸を離れた。 「なあ、拓ちゃん。七師団の雪中演習は、きつかったってな」