グッ チバ ッグ 一覧

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null「一九五六年、われわれは自由をかちとるか、さもなくば殉教者となるだろう」  と、いまではキューバ国民の誰もが知っている有名な言葉を力強くいった。  時間は午前二時を少し過ぎていた。八人乗りのグランマ号はすべての灯を消し、八十二人の遠征隊員をのせて静かに出発した。  河口までは波静かであったが、沖へ出て灯をともしたころ、メキシコ湾の波はグランマ号をもてあそびはじめた。隊員たちは、国歌や「七月二十六日運動」の歌をいっせいにうたい出したが、それも長くは続かなかった。水夫たちと数人を除いて、大半の隊員が船酔いに苦しみ、顔を歪《ゆが》めては胃をおさえ、ひどいものは吐きながら、軍医であるチェに、船酔いどめの薬を求めた。チェは狂ったように薬箱の中をひっかきまわした。だが、見つからなかった。積んだつもりだったのが、積み忘れていたのである。その上、他人を診《み》るはずのかれ自身、喘息《ぜんそく》で半病人になってしまった。あまりの忙しさに喘息の薬も積み忘れていたのだった。  長い夜があけてみると、グランマ号の船内には水がふえていた。定員の十倍も乗せたため船足は重く、船体も傾きはじめている。  排水ポンプは故障していた。荷を軽くするために、荷物の一部がすてられた。船酔いに苦しんでいるいないを問わず、隊員たちはバケツその他の容器を使って、水をかき出した。全員が疲労と飢えと船酔いに苦しみ、げっそり痩《や》せた。まさに惨澹《さんたん》たる門出《かどで》だったが、隊員たちは、グランマ号の船首は間違いなくキューバに向っているという船員の言葉に、元気づけられた。  予定の航路は、キューバの南にあるジャマイカに沿って大きく迂回《うかい》し、オリエンテ州ニケロの付近の海岸をめざすはずだった。十一月三十日には、ニケロの東方にあるサンチャゴ・デ・クーバで、同志のフランク・パイスが、遠征隊の上陸に相呼応《あいこおう》して、武装反乱を起こすことになっていたからだ。この双方を成功させるためには、計画どおりに進展しなければならなかった。また、ニケロの上陸予定地点には、クレセンシオ・ペレスという農民ゲリラが、百人の仲間を連れて、カストロたちと合流することになっていた。ペレスは、カストロをリーダーとする「七月二十六日運動」とは、思想的に一致しているわけではなかったが、バチスタの暴政には反対していた。ペレスは、バチスタの秘密警察に逮捕されたとき、拷問をうけて下腹部をえぐりとられ男性の機能を破壊されていた。それは革命前の秘密警察が、もっとも多く用いた拷問法であった。 ★  カストロの考えた作戦計画は、この二方面作戦をまず成功させ、上陸軍は、ニケロの東北にあるマンサニーヨの兵営を攻撃し、そこで新しい武器や弾薬を奪うつもりであった。メキシコで調達した武器弾薬は、その戦闘でほぼ使いつくされるであろう。  冷静に考えれば、これはきわめて頼りない計画だった。もしマンサニーヨ兵営の攻撃で予定どおりに敵の武器や弾薬を奪えなかったら、いったいどういうことになるのか。戦術の専門家の目からみれば、いや、専門家ではない筆者の目からみても、無謀としかいいようのない計画である。さらには、彼我の軍事力の開きを考えれば、百に一つの成功率さえも望めないだろう。かりに、百に一つの望みがあるとしても、そのためには、十一月三十日に上陸できることが、その成功の大前提だった。  グランマ号は当然のことながら予定の三十日がきても、キューバの島影を見ることさえできず、海上をうろついていた。  カストロは受信機にかじりついていた。  パイスは、かねての打合せどおりに、反乱を起こしていた。受信機は、サンチャゴ・デ・クーバで小規模な反乱があり、数時間で鎮圧されたことを伝えていた。 「飛行機があったらなァ」  とカストロは歯ぎしりしていった。  それは愚痴というにも値しなかった。飛行機はおろか、パイスに上陸の遅延を報せる発信機さえ、かれらは用意することができなかったのである。  予定が狂った以上、引き返して再起をはかるというのがふつうの発想だが、カストロには、そんな考えはうかばなかった。革命は勝利か死かの戦いであった。グランマ号は船出したからには、キューバに到着しなければならなかった。  十二月一日の夕刻になって、カストロは、隊員のひとりローケを呼んだ。ローケは隊員の中では、珍しい海軍の出身だった。ローケの話では、ニケロの近くのクルス岬の灯台さえ発見できれば、なんとかなるはずだった。予定が大幅に遅れているにしても、ペレスに合流するためには、ニケロへの上陸は是非とも必要なのだ。
    2015-01-30 03:51
    ŗ 評論 0
発祥地|グッ チバ ッグ 一覧
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|グッ チバ ッグ 一覧ランキング シャネル 財布 新作|グッ チバ ッグ 一覧公式サイト_グッ チバ ッグ 一覧適する何年齢 outlet!