收藏

グッチ 長財布 アウトレット編集

エナメル キルティング 長財布 ラウンドファスナー レディース 財布 クラッチタイプ
__1,491 - 1,58400
エナメル キルティング 長財布 ラウンドファスナー レディース 財布 クラッチタイプ 
【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり
__2,278 - 3,88000
【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり 
iPhone6 アイフォン6ケース プラスチック × TPU 2層構造
__99400
iPhone6 アイフォン6ケース プラスチック × TPU 2層構造 
カジュアル 腕時計 メンズ おしゃれ 黒 白 赤 緑 黄 橙 青
__1,298 - 2,98700
カジュアル 腕時計 メンズ おしゃれ 黒 白 赤 緑 黄 橙 青 
【ノーブランド】シンプル ニット メンズ セーター 長袖
__1,579 - 3,00000
【ノーブランド】シンプル ニット メンズ セーター 長袖 
男 ギア
__1,480 - 3,48000
男 ギア 
「水妖を退治してこの地を清めたことこそが、帝の血筋が神の子孫である天子である証《あかし》。その退治したはずの水妖が、こともあろうに皇子《おうじ》にやどったなどと人びとがしったら……! だからこそ、帝は、わが子第二|皇子《おうじ》の暗殺を二度こころみた。……おさない皇子《おうじ》を殺そうとしていることのむごさを、いまは、うんぬんするでないぞ。」  シュガは、なにもいえずに、ぼうぜんと聖導師をみた。 「二度の暗殺は、どちらも、たくみに事故にみせかけた。一度目は、温泉の熱湯が皇子《おうじ》の全身にかかるような事故をしくんだ。皇子《おうじ》は、湯のなかにころんでたすかった。  二度目は、きのう山の離宮から山影橋《やまかげばし》をわたってもどるところで、牛車《ぎっしゃ》のひき牛の首に吹き針をさし、あばれさせた。皇子《おうじ》はあの高いつり橋から急流へおちたが、なんと、これまた、ちょうどそこにいあわせた女用心棒に、たすけられてしまった。」  シュガの口から、おもわず言葉がもれた。 「水――どちらも水にかかわっている。」 「そうだ。この暗殺の計画はわしがたてた。皇子《おうじ》の命が危険にさらされれば、やどったモノが本性をあらわすのでは、と思ったからだ。やはり、そのモノの本性は水にかかわっている。」 「では、昨夜の火事は! あれは聖導師様が、火で皇子《おうじ》を殺すために……。」  聖導師は苦笑した。 「たしかに、いずれは火事で殺そうと考えた。だが、昨夜ではなく、もうすこし二番目の事故の記憶が人びとからうすれてからにしようと思っていたし、皇子《おうじ》を殺すまえに、いったい皇子《おうじ》にとりついた水妖とはなんなのかを、たしかめたかった。だから、あれは、わしがおこしたものではない。」 「それでは……。」 「わしは、二ノ宮の妃をうたがっている。あの妃は、なかなかに頭のよいお方だ。息子の命がねらわれていることをさっして、にがす計画をたてたのだと思う。あの妃は、ガカイが、ばかなことをいってしまったあと、すぐに行動をおこしている。都にきていたトロガイという呪術師に文をだして、皇子《おうじ》になにがやどったのかをたずねたというのだ。  わしは、すぐさまトロガイをひそかにとらえて殺すようにめいじたが、なかなかに機転がきくやつとみえて、すでに風をくらってにげたあとだった。いまも、数人の〈狩人〉がおっているが、まだつかまえたという報告はきていない。」 「〈狩人〉?」 「この宮の暗い面に生きる者たちだ。帝とわしの命《めい》をうけて暗殺をおこなう。わしと帝いがい、だれが〈狩人〉であるかをしる者はいない。そなたは、〈狩人〉の存在をしる三人目の者になったわけだ。――これからは、そなたも、この者たちをつかうことになろう。」  シュガは、背に冷たい汗がつたうのを感じていた。星ノ宮の、おぞましく、暗い面……。まさか、これほどまでにおそろしいことを平然とおこなっているとは。シュガは、これまでみえていた世界が、ふいに闇夜《やみよ》にかわってしまったような、きみょうにうつろな恐怖を感じていた。 「――臆したか。」  聖導師の声は、鋼のような冷たさをひめていた。
表示ラベル: