シャネルキャビアスキンチェーントートバッグ
null
[シャネル]CHANELチェーントートバッグ キャビアスキン ベージュA20994(BF075635)[中古]
__null00
[シャネル]CHANELチェーントートバッグ キャビアスキン ベージュA20994(BF075635)[中古] 
[シャネル] CHANEL チェーンショルダートートバッグ 青系 ネイビー キャビアスキン [中古]
__null00
[シャネル] CHANEL チェーンショルダートートバッグ 青系 ネイビー キャビアスキン [中古] 
[シャネル] CHANEL チェーンショルダートートバッグ ブラック キャビアスキン [中古]
__null00
[シャネル] CHANEL チェーンショルダートートバッグ ブラック キャビアスキン [中古] 
(シャネル) CHANEL シャネル 財布 CHANEL A50071 Y01588 94305 キャビアスキン 長財布 BLACK[並行輸入品]
__128,00000
(シャネル) CHANEL シャネル 財布 CHANEL A50071 Y01588 94305 キャビアスキン 長財布 BLACK[並行輸入品] 
[シャネル] CHANEL キャビアスキン マトラッセ チェーンショルダートートバッグ ブラック 【中古】
__null00
[シャネル] CHANEL キャビアスキン マトラッセ チェーンショルダートートバッグ ブラック 【中古】 
[シャネル]CHANELチェーントートバッグ キャビアスキン ブラックA20994(BF074629)[中古]
__null00
[シャネル]CHANELチェーントートバッグ キャビアスキン ブラックA20994(BF074629)[中古] 
null 炭焼きの朝ははやい。窯場から機械音とにぎやかな掛け合いがきこえてくる。わたしは、ねむい眼をこすって、窯場へと足をはこんだ。  空《から》になった六番窯へ、すでに原木を入れようとしていた。めいめいがはつらつと働いている。  曲がった丸太にオノで切り口をつけ、木片をはさみまっすぐに成形する者。くずれかけた窯の入口を、コテで補修する者……。「炭焼き百仕事」といわれるように、なんでも屋に徹しなければならない。  玉井さんや大野三兄弟のすがたもみえる。わたしは、中途から助っ人にくわわった。  長さ二メートルあまりの太い馬目《ばめ》(ウバメガシの別名。葉形が馬の目に似ているところからついた呼び名)丸太を、根元から下にむけ、一本一本丹念に窯のなかへ詰めていく。これが炭に変わると、重さは十分の一になるという。 「おい。ゆうべの窯出しは北条かいの。あいつも、ちったあマシになったかいや。なあ、北川さんよ。ここへやってくるもんは変わり者ばかりやして、いちどおとずれたらやみつきになるんやで。ハッハッハッ」  作業帽をかぶる玉井さんは、すれちがいざま威勢のよい愛想をくれた。 「でも親方ぁ、夏場の窯出しときたら、まるで灼熱地獄のようなもんですよ。滝みたいな汗が出ちゃる」  そばで大野光明《おおのみつあき》さん(三十歳)が、すかさず合いの手をいれる。 「火をながめて働いていたら、なぜだか、なごむものがありますねえ。ちっとも飽《あ》きてこない。酒蔵で櫂入《かいい》れをしてもおなじですよ」  わたしは、酒造りの工程を引きあいにだした。 「そりゃあ、おまん。火いうのんは、原始より人間の原点やしてなあ。炭焼きも酒造りも、根本はおなじよぉ。火と水のちがいだけやわい」 「杜氏をご存知なんですか」 「ああ。酒の濾過《ろか》につかう活性炭の件でな、以前、酒蔵で杜氏に会《お》うて話したことがあるがよのォ。わしらと似たもの同士やのぅ」 「米の作柄《さくがら》や気候で、造りに工夫をこらす点までも、相通《あいつう》じるというんですか」 「ほいよ。馬目《ばめ》かてそやど。山の頂上にはえたもんもあれば、谷底のもんもある。材質が千差万別や。梅雨どきは、地面を通し、外から窯へ雨が浸透してくるんでの。これまた、空気のかげんがいろいろとむずかしいわいな」  かれは帽子をぬぎ、薄くなった頭をかきあげると、原木をかついで、窯の口からなかへ入っていった。  窯の背中にある排煙口の脇には、コーヒー色した液体が、ガラス容器にしたたり落ちていた。指先でなめると、すこし酸《す》っぱくコゲくさい。木酢液《もくさくえき》は、土壌改良や消毒などに幅ひろくつかわれている。