ビトン 長財布 人気いいか,人気長財布ランキング|ビトン 長財布 人気どのように|xx } {よ outlet!


2015-01-30 03:54    ビトン 長財布 人気
「そりゃそうだよ。平田に相談するわけにはいかないだろう。それからデザイナーにも、体裁変更の件はやむをえないにしても、写真の差し替えについては言いたくなかった。デザイナーは専門的な観点から、いろいろ口をはさんでくるおそれもある」 「そうだよね」 「だからこそ梓社長は、よけいな説明抜きで観音開きのデザインへの変更を命じたんだと思う。そして代替えに使うための予備の写真も回収した。そうした強引なやり口は、天下の人気女優・鮎川麻貴の事務所の社長という立場があったからこそ、可能になったと思うけどね」 「なるほどねえ……」  つぶやきながら、平田は目の前の写真に目をやった。 「たしかに耕作が言うように、特定の人物を消してくれという指示だったら、印刷所もその理由を詮索《せんさく》したがるだろうけれど、写真全体のバランスからみて左側の雰囲気がいやだ、という漠然とした言い方だったら、本来の目的をカモフラージュすることもできるかもしれないな」 「梓としては、そこに賭《か》けるしかなかったと思うよ」  朝比奈は言った。 「幸い、写真の撮影者は自分の事務所の所属タレントだ。これが本職のしかも有名カメラマンだったら、写真作品集に使うポジを部分的にすり替えるなどとんでもないことだし、印刷所のほうだって、おいそれと納得はしないはずだ」 「麻貴をいつも撮っていた巨匠の財前和正あたりには通用しない手法だね」 「もちろんだよ。……ねえ、平田。この写真をもういちどよく見るんだ。平田は木陰のせいだと言っていたけれど、やっぱり右半分と左半分の光の加減がおかしくないか。いくらなんでも、左半分は日が翳《かげ》りすぎている」 「ああ、そういえば……」 「それと同時に、印刷所にとってはおそらく実務的な面でも、もはや観音開きに変更することが不可能になっていたのではないかと思うよ。純粋に制作進行上の問題としてね」 「それはありうる」  平田もうなずいた。 「この作品集の発売はかなり急がれていたから、印刷所の行程もギチギチで組まれていたんだ。締め切り遅れの常習犯・朝比奈耕作に負けないくらいの、綱渡りみたいなスケジュールで物事は進行していたからね。そんなところへもってきて、巻折りをやめて観音開きにしてほしいと注文をつけても、おいそれとは応じられないだろうな」 「だけど印刷所としては、銀座プロダクション社長のゴリ押しを完全に無視するのもまずい。なにしろ梓圭一郎は、作品集のいわば著者である鮎川麻貴の代理人だからね。もちろん、麻貴本人の知らぬところで梓は動いていたわけだが……。  かといって、いまさら観音開きに体裁を変えては発売時期に間に合わない。そのジレンマを海洋堂出版の丸尾社長に相談したいところだが、おそらく印刷所は、梓から何らかの口止めをされていたのではないか」