プラダ サフィアーノ 財布適する何年齢_ヴィトン二つ折り|激安プラダ サフィアーノ 財布 プラダ サフィアーノ 財布の3点セット outlet!


2015-01-31 06:45    プラダ サフィアーノ 財布
(玉は立派に生きて参ります)  とつぶやいた。  その時輿がとまった。外で、光秀の従弟、明智弥平次の声がした。 「お玉どの。美しい夕日でござりまするぞ。花嫁の日の夕日をご覧じませ」  弥平次は、この日の婚礼奉行である。妻となる日の思い出のためにも、その疲れをねぎらうためにも、弥平次は行列をとめて、玉子にゆっくりと夕日を見せてやりたかったのだ。  すらりと降り立った玉子の輝くような姿に、供《ぐ》奉《ぶ》する者たちは、またしても目をうばわれた。その中に初之助の射るような視線があることを、玉子は知らない。  初之助は今年の三、四月、光秀に従って丹波の波多野秀治を八上城に攻めた時、武功を立てて士分に取りたてられた。玉子の婚約を知った初之助には、命を惜しむ心はなかった。その結果、今までの臆する心はふり払われ、思いの限りに戦えたのだ。もはや初之助は、騎馬を許された武士なのだ。雑用に追い使われる小者ではない。が、初之助の心の淋しさには変わりはなかった。  いま天王山に沈もうとする夕日に向かって立つ玉子の姿が、逆光線の中に、この世のものならぬほどに、美しく気高く思われた。 (今日限り、一生お会いできぬかも知れぬ)  今少し行けば、細川家の者が松井康之に率いられて、迎えに出ている筈である。そこで玉子は細川家の供に守られて行ってしまうのだ。  初之助の胸に、ぐっと熱いものがこみ上げた。二年前、西教寺の境内で、青大将におどろいた玉子が、自分に抱きついた日のしなやかな感触を、初之助は胸苦しい思いで思い浮かべた。  だが玉子は、初之助が行列のどこにいるかも知らなかった。無論その胸のうちを知るはずもない。玉子は、今沈み行く大きな夕日に、その美しい目を向けていた。  左手の野原に、小豆《あずき》色のつややかなすすきの穂が、夕風に数限りなくそよいでいる。そのすすきの中に、遥かにつづく道を玉子は見た。この道の彼方に勝竜寺城がある。それはあと、どれほどの彼方なのであろう。 「お疲れでござりましょう」  いつの間にか、清原佳代が玉子の傍らによりそっていた。 「いいえ、少しも」  昨朝、明けやらぬうちに坂本城を出た玉子は、夕方京に入り、清原頼賢の邸に一泊した。清原家は細川家の親戚に当たる高位の公家である。玉子の接待に出たのが、清原家の息女佳代であった。  佳代が夕餉の席に現れた時、玉子は佳代の気品と、清純さに、目を見張った。