メンズ長財布人気ランキング新型 財布ブランドおすすめ,メンズ長財布人気ランキング公式 メンズ長財布人気ランキング価格表 outlet!


2015-01-31 06:22    メンズ長財布人気ランキング
 戸惑うケアルにかわって、人混みを押し分けて出てきたエリが、彼らに宣言した。 「——というと、領主さまのとこの?」  うなずくケアルの隣で、エリが胸をはって前に進み出た。 「そうだ。ライス家の、三男坊だ。こいつが間に入るんなら、問題ねぇだろ」 「そりゃ……まぁな」  うなずきながらも彼らはまだ、ケアルが本物かどうか判断がつきかねる様子で、じろじろと不遠慮な視線をおくってくる。 「おまえらには信じられないだろうけどな。こいつはあの、デルマリナから来た舟に行ったんだぜ。領主さまのお使いでな」  エリが言うと、ケアルを中心にしてあたりにどよめきがおこった。それを満足そうに見回して、エリはケアルの肩をたたく。 「ほら、言ってやれよ」 「言うって、なにをだ?」 「決まってんじゃねぇかよ。あの舟は怖くなんかねぇんだから、さっさと自分らの島へ帰れって、そう言ってやれ」  エリの言葉にいったんはうなずきかけたものの、ケアルはしばらく逡巡《しゅんじゅん》した。  簡単にそう言ってしまって、いいのだろうかと思ったのだ。もちろん、エリの言うことは正しい。船員たちは荒っぽいが、スキピオのもと、統制がとれている。理由もなく島人に危害をくわえるようなまねは、決してしないだろう。  だが——ここでケアルが何を言ったとしても、彼らの恐怖心はなくなりはしない。家を捨て島を捨てて逃げだしたほど、彼らの恐怖心は強いのだ。  たとえ無理やり彼らを島へ帰したとしても、船があそこにとどまっている限り、すぐまた彼らは逃げ出すことだろう。 (ただ帰すだけでは、根本的な解決にはならない——)  いっこうに口を開こうとしないケアルに、焦《じ》れたらしいエリがさりげなく足を蹴飛してきた。  わかった、とエリに目線で合図し、ケアルは人々を見渡した。ざわめきがおさまり、人々は口をつぐんでケアルの言葉を待つ。