ネット上で買ってルイヴィトンダミエ長財布 激安信頼できるでしょうか,ルイヴィトンダミエストラップ_モールルイヴィトンダミエ長財布 激安,ルイヴィトンダミエ長財布 激安どんな商標 outlet!


2015-02-04 02:08    ルイヴィトンダミエ長財布 激安
 人が革命家になるのは決して容易ではないが、必ずしも不可能ではない。しかし、革命家であり続けることは、歴史の上に革命家として現われながらも暴君として消えた多くの例に徴するまでもなく、きわめて困難なことであり、さらにいえば革命家として純粋に死ぬことはよりいっそう困難なことである。エルネスト・チェ・ゲバラの生涯は、このもっとも困難な主題に挑み、退くことをしらなかった稀有の例であった。革命家には勝利か死かしかないというおのれの、あえていうならばロマンティックな信条の命ずるままに自分の行動を律して生涯を終えた。革命にもしロマンティシズムがあるならば、「チェ」は文字通りその体現者だったのである。  かれが南米ボリビアのジャングルの中で壮烈な死をとげてから、すでに多くの日々がわれわれの上を通り過ぎた。かれの第二の故郷といってもよいキューバにおいてさえも、街のいたるところに写真や肖像が掲げられているとはいえ、それはかなり色褪せてみえる。そして、人びとが「チェ」について語るときも、その口調や表情にはかつてのドラマチックな昂ぶりはうしなわれ、ごく親しかった一部のものを除いては、もはや歴史上の人物を語るときの淡々たるそれなのだ。また、かれのゲリラ戦争日記が公刊されたさいに起こったジャーナリズムの熱狂の波は、わが国にも及んだものであったが、いまではすべてが日常的な静けさをとり戻している。それでいいのである。チェのような人物にとっては、あのようなブーム、あのような騒々しさ、あのような浮薄は、むしろかれの欲せざるものであったろう。かれが求めたものは、ひたすら行動であり、名誉も権力も眼中になかった。安逸や地位や金銭などはもちろんのこと、死の危険さえもかれは軽蔑した。  たしかに、革命家が死を怖れていては何もなしえないことは事実である。人類の歴史がもった多くの革命家たちは、みな、死の危険をもいとわなかった点では、かれに劣らないだろう。しかしまた同時に、歴史は、革命がいったんひとつの国家、ひとつの民族の中で達成されるやいなや、革命家であったものがいつしか権力の中枢にある政治家として変身し、戦いの場から遠ざかるか、もしくは同志の血であがなった体制を守ることのみに汲々としたことを教えている。それどころか、かれらの中には、かつての同志といえども、自己の権力を守るために容赦なく粛清したものも少くない。あるいは、ほかの国や民族が助けを求めているからといって、自分を投げ出すことはしない。武器や弾薬や兵士を送るにすぎない。といって、それを非難することは誰にもできまい。なぜなら、革命につきものの反革命を抑えるという常識的かつ当然の理由が用意されている。なにも新しい危険に身をさらす必要はない。革命に到達するまで生き残り得たことだけでも幸運なのであり、そして幸運とは何度も訪れることを期待できぬものである。  このような原則に、チェは挑戦した。それはフィデル・カストロの言葉を借りれば“意志の力、英雄的な精神、そして人間の偉大さが何をなしうるかの崇高な証《あかし》”であるようにわたしには思われる。そして、以下の文章はそれがわたしの独り合点ではないことをひとりでも多くの人に理解してほしいために「チェ」への連帯をこめて綴ったものである。 第一章 メキシコまで  1 その出生  現在六十二万人の人口をもつ、アルゼンチン第二の都市ロサリオは、ラ・プラタ川にそって、首都のブエノスアイレスから約三百二十キロの上流に位置している。サンタフェ州の首都でもあるこの都市は、港、鉄道、工場その他の重要施設を有し、商工業の中心地をなしている。一九二八年は、世界史的にみて、かなりいろいろな出来事のあった年で、東洋では済南事件(日本の山東出兵)、張作霖の爆死事件などがあり、ヨーロッパでは、ムッソリーニのひきいるファッシスト党が伸張しつつあった。エルネスト・チェ・ゲバラがロサリオ市に生まれたのは(六月十四日)そんな時代で、かれは予定日よりも一カ月はやい早産児であった。  父エルネスト・ゲバラ=リンチは、アイルランド系の建築技師、母セリア・デ・ラ・セルナはスペイン系であった。父エルネストの祖父は、ファン・アントニオ・ゲバラといい、一八三五年から十七年間にわたってアルゼンチンを支配した独裁者ホアン・マヌエル・ロサスと戦った人物だった。このロサスは、ラテン・アメリカ史上においてもっとも血なまぐさい恐怖政治を行なった人物として知られている。  ファン・アントニオ・ゲバラは、ロサスに追われてカリフォルニアへ逃れたが、当時のカリフォルニアはゴールドラッシュのさなかにあった。独身だったアントニオは、ここでメキシコ生まれのカストロという美女に出逢う。カストロという名前はラテン・アメリカには多い名前で、むろんフィデル・カストロの家系とはなんの関係もない。  やがて、かれらの間には息子が生まれ、息子はエリザベス・ヴィクトリアという女性と結婚し、父の故郷であるアルゼンチンへ還る。そこで生まれたのが、チェの父エルネスト(一九〇〇年二月十一日)で、後年は別居するにいたったが、セルナとの間には五人の子供をもうけ、チェはその第一子であった。  ゲバラ夫妻は、かれが生まれるまではアルゼンチンの北東部に位置しているミシオネスに住み、マテ茶の生産に従事していた。ミシオネスは全域が亜熱帯植物におおわれ、パラグアイ、ブラジル両国の間に突き出たような台地である。マテ茶が重要生産物で、国内の九九パーセントを産出している。かれらはこのミシオネスから、仕事と出産とをかねて、気候の温和なロサリオに移ってきた。出産がすむと、夫妻は再びミシオネスへ戻ったが、かれらの長男エルネストは早産のせいか、きわめて病弱であった。結局、一年半ののちに、父ゲバラは妻と相談した末、子供の健康のために、マテ茶園を処分して、ブエノスアイレスに転居した。  父ゲバラは、共同経営者を見つけて、造船業《〈*一〉》をはじめた。事業は順調だったが、ゲバラ家の当主は、新しく厄介な仕事を背負いこむ羽目に陥った。