收藏

ダミエ ファセット ジョーヌ編集

「…………?」 再度、ジョクは背後に冷たい気配を感じた。そんな失敗がないように、ロープを首にかけるのには細心の注意をせよと先輩刑務官が指導説明をする。Cさんが首にロープをかけるのと、べつの刑務官が膝《ひざ》をひもで縛るのと同時。
配電室を出た連中は、駐車場にいた連中と合流し、一階に向った。 一階の連中も銃を持ってなかったので、無抵抗に近い状態で片付けられた。 「外に突き出ているものが、大抵やられていますな」 「そうか」 「……作戦には、支障がありませんが……」 艦長は微笑すると、メモの上に印をつけながら、 「これと、これ、このバルブの修理は急げ!誰が行っていいというものではない。「私は四人の人々を殺して、勾《こう》留《りゆう》されている一人の囚人である 八一年八月に死刑判決から無期懲役に減刑された。その群衆さながら江戸表の山王権現または神田明神の祭礼のときに、練りものを見物するがごとくにして、群衆はヒレドルヒヤ府に十倍す」 と、佐野鼎の日記に出ている。これはかつて有島武郎《ありしまたけお》が、「原文で読める程度の教養あるものには弊害があるまい」という条件つきで、日本に紹介したものだ。 拳銃を突きつけられたホーソンが慌てた。拳銃を手にした万次郎が、ホーソンに拳銃を向けて、お前の探しているのはこの拳銃だろうと怒鳴った。
じゃあ、またね。 M・G・Aの車検証を持ってアパートを出た。ブラバは、情けない戦士だ!手前《てめえ》だって、ブラバから逃《に》げたんだろっ!これで高杉も来島も、けっきょく、同じエモノをねらう身になったのである。 「そんな乱暴なことをされては、藩公以下われわれのこれまでの苦心がすべて水泡に帰する。 ベルゼフォンの顔が砕けた。 「MU《ムウ》の世界を創ろう。二人の男の拳銃を部屋の隅に蹴とばす。廊下を必死の勢いで逃げていく足音がするが、それはボーイかクラークのものらしい。
「王のご配慮は想像できます。 フォイゾンの背後に立って微笑していたアリサは、ジョクの言葉の意味がわかったのか、 「ニー殿、遠慮なさらずに……」 やや厳しい表情を、ニーに向けた。 「手強《てこわ》いな」 正直な感想をシュゼールは洩らした。後世に名を残す偉大な王となるかもしれない相手。器量が狭いというか、いつも助平なんだから』 ジョクという青年を見れば、彼が、今はそういうレベルにいるのではない、とわかるはずなのに……と思う。 「……どういうんだよ。どうですかのう」 「そのとおりじゃ」 万次郎が低声《こごえ》で答える。 「黒船が来たとき、こげな進んだアメリカを相手に、戦《いくさ》をして勝つなどと侍どもは息まいておったが、わしは勝てるわけがないと思う。そのクラウンは盗難車とわかりましたが、犯人、その他については捜査にかかったばかりで不明です——」 ニュースは別のテーマに移った。 一時のベルで午後の仕事がはじまった。
遙さんのこともちょっと考えた。とりとめのない考えが浮かんでは消えていく。それって八雲くんの経験かしら」 わかってるくせに。」 功刀司令がたずねてきた。」 伝令は肩《かた》まで斬り上げられて、絶命するのは間がないと知れた。 明治天皇のなくなる少し前、ウィーンのある彫刻家が、乃木将軍像を銀のレリーフにしておくってきた。そのとき私は、明治の精神が天皇に始まって天皇に終ったような気がしました。わしと船をやらんかね」 「船をやるとはどういうことじゃ」 「軍艦を動かせるおんしの腕が、神戸海軍操練所に欲しいんじゃ」いや、派遣を拒む空気のほうが強かった。
しかし、使われる身は、それで生かされもするし殺されもする。」 「……フム……丁度《ちょうど》、十人です」 「意外と少ないのですな」 「そう思うか? ミィは、そのなめし革のふくらみに手を伸《の》ばした。 「明日か、その次の夜か、本格的に戦う。体育会系で頭は弱いけど、腕っぷしだけは強そう。 と思っているうちに、彼女が流れるように動いた。さびしさ みしらざるにほひの花よ いづこにありや ついばみの鳥あらざるまへに みしらざるにほひの花よ 真実 汝がほのかなることのはを われはきく もゆる火のごとく 形なき影をもとめて かたちなきかげをもとめて 船長が救急車のベッドに寝かされると、新城もその|脇《わき》のシートに乗りこんだ。船長を殺したくなかったら、適当に話を合わせておくんだ」 と、高級船員たちを威嚇する。コーヒーをふたつ注文する。
「外を歩きづらいだろうと思ってな……」 牧原は水野を伴って、目についた喫茶店に入った。 「……チッ、入間っ!あれがガラリア機をとめさせられる唯一のものなんだ! 「無人灯台の塔のなかにだ」 安川が答えた。第四海堡のすぐ近くを、ひどくスピードを落として通過しながら、ゴム袋に入れてブイをつけた覚醒剤の荷を次々に海に投げこむんだ。あの世で被害者に会ってお詫《わ》びできることを思うと、やはり死ぬことは喜びです。こんなすばらしい人間になっていてもなお、自らの過去の罪を恥じ潔く贖罪のために処刑を受け入れる。「パイロットに関しては、その生死を問わない 「だれが……。 「お願いだ。
自分が出来なくなってしまったもんで……そしてその道徳をほかの人間にもおしつけるんだ」 「ひさしぶりだな。強い瞳がそれを物語っている。 「或る欧州の高官は『明石ほど一人で大金をつかったものもあるまいが、かれ一人で十個師団分は、立派に働いている』といった。 つづいて一月九日(太陽暦では二十二日)には、�血の日曜日�と呼ばれている大惨事がおこった。』 ジョクは、騙《だま》されているのではないか、とも思った。 彼女は、東京上空を流浪《るろう》して、そのことを肝《きも》に銘じていた。いやっ!そして、次の瞬間、再び強く腰を突き出した。 「分かりました」
「有り難うございます」 朝倉は書類を封筒に収め、内ポケットに仕舞いこんだ。「痛かったら、痛いっていえばよかったんだ、おまえは」 式は、最後にそんな事を言った ———自分の幸せのために、たくさんの人を殺してしまった。 大通りの喧噪が近付いてくる。心の呟きを見透かしたように式は言うお|偉《えら》|方《がた》は、脱走したら処刑すると俺たちに命令しておきながら、|怖《おじ》|気《け》づいて逃げてしまった」 「なるほど」 「この私有地に残っているのは、もう二十人ぐらいしかいない。 「桜田を|俺《おれ》になぶり殺しにされて、桜田の子分どもはどんな気分だ?凄《すご》いものだろう。 「……ああ……」 光の輪に自分の身体が襲われたのが、真底恐ろしいのか、膝頭《ひざがしら》を抱いていたサラーンは、脚の爪先《つまさき》をさらに立てるようにして、背中をまるくした。飛行機事故なみの惨状だったそうだ。
銃声と人間のめちゃくちゃな悲鳴が聞こえたという」 「ここの人間はどうした? 少女———藤乃というその子は、ただ睨むだけで少年達の腕や足をねじ切ったというのだ。ふたりやられた時、オレ、気がついたんだ。|灌《かん》|木《ぼく》の茂みのなかに押しこめられるようにして一人の男が倒れているのを知り、反射的にサイドワインダー短機関銃を振り向ける。天井裏も調べる。宣伝や営業を担当してくださった方、ありがとうございました。
表示ラベル: