プラダ長財布メンズ公式旗艦店 プラダ バッグ コピー,プラダ長財布メンズどこが売ることがいます,プラダ長財布メンズ棚浚え全て outlet!


2015-02-04 01:52    プラダ長財布メンズ
 金堂の客間で待つ間、久秀は座禅を組んだ。  結跏趺坐《けつかふざ》し、呼吸を整えることだけに意を用いていると、心は表層の意識を離れ、深層へと沈んでいく。  すると深層の意識の入り口で、荒涼たる野原をさまよい歩く母の姿が現れた。  母は泣いている。  雪にぬれた凍える体を両腕でかばい、泣きながら歩いている。  元結《もとゆい》の解けた長い髪は、風になぶられて狂ったように乱れ舞う。  それは母の叫びのようだ。哀しさ、悔しさ、怒り、恨みが渦巻く心のようだ。  久秀はまだこの世にはいない。  凍えた母の胎内で、じっとうずくまっている。乱れ狂う母の心を全身で受け止めながら、それでも懸命に語りかけている。 「駄目だ、母さん。生きなきゃ駄目だ」  母の背後であざけり笑う声がする。  久秀は怒りに掌を握りしめるが、笑い声はますます無遠慮に母を追い立てるばかりである。  やがて母は暗い川の淵《ふち》に立つ。  目の下には黒い水が渦を巻いて流れている。足もとから地をゆるがす不気味な音が聞こえてくる。  久秀はもがく。母を死なせまいともがく。だが手も足も柔らかい壁に虚《むな》しく押し返されるばかりである。  母もそんな思いをしているのだろうか。訳の分からぬこの世の掟《おきて》にからめ取られ、もがき抜いた挙句、力尽きて己の命を絶とうというのか……。  久秀の心は、深層の意識の入り口に立ちはだかる哀しい景色を突き抜け、さらに下部へと沈んでいく。  その先には何もない。無の空間が広がっているばかりである。