收藏

シャネル マトラッセ 長財布編集

[シャネル] CHANEL マトラッセ ラウンド長財布 長財布 ブラック 羊革(ラム) A50097 [並行輸入品]
__138,00000
[シャネル] CHANEL マトラッセ ラウンド長財布 長財布 ブラック 羊革(ラム) A50097 [並行輸入品] 
[シャネル] CHANEL マトラッセラウンド長財布 長財布 ピンク キャビアスキン A50097 [並行輸入品]
__148,00000
[シャネル] CHANEL マトラッセラウンド長財布 長財布 ピンク キャビアスキン A50097 [並行輸入品] 
[シャネル]CHANEL  マトラッセ キャビアスキンCCメタル付きジップウォレット 黒/GO A50097[並行輸入品]
__159,50000
[シャネル]CHANEL マトラッセ キャビアスキンCCメタル付きジップウォレット 黒/GO A50097[並行輸入品] 
 啓造は頭を下げたが、村井につきさすような視線を浴びせずにはいられなかった。  夏枝と次子を家に残して、一同は懐中電灯を手に林に入った。夜の林の樹々は、一本一本が不意に動き出すかのように不気味だった。懐中電灯を闇に向けると、そこにだれかがヌッと立っているような感じがした。 (こんな時間に、林の中にルリ子がいるはずがない)  そう思うと林の中を探すのが徒労のような気もした。 (村井がルリ子を知っているのではないか)  ふっとそんな思いがかすめて、啓造は立ちどまった。やがて川の畔に出た。急に視界が開けて、星空が大きくひろがっていた。 「川に落ちたのだろうか」  ふだんあまり林に入らないルリ子が、この川まで一人で来るとは考えられなかった。啓造はきびすを返して再び林に入った。電灯を行く道に向けると、光の中に長身の男がうつし出された。啓造は思わず声を上げるところであった。村井だった。村井の青白い顔がひどく不気味に見えた。 「びっくりしましたよ」  村井の方も驚いたようであった。 「失敬」  啓造は自分の驚きをかくして、さりげなくいってから、あ、そうそうというような調子でいった。 「君、今日ぼくの留守に来てくれたんだってね。何か用事だった?」  村井は黙って懐中電灯で自分の足もとを照らした。  見本林、近所一体、街に至る道筋と、一晩中の捜索に誰も彼もがつかれて、ひと眠りしようと辻口家に帰ったころは、もう三時を過ぎていて、夏の夜は既に白みかけていた。  夏枝は繰り返し昨日のことを思っては自分を責めた。 (あの時、わたしがルリ子をひざに抱き上げればよかったのだ)
表示ラベル: