收藏

プラダ財布メンズ長財布編集

(コーチ) COACH コーチ キーリング アウトレット COACH F92959 B4/C6 オプアート パヴェ キーフォブ/キーホルダー ゴールド[並行輸入品]
__3,48000
(コーチ) COACH コーチ キーリング アウトレット COACH F92959 B4/C6 オプアート パヴェ キーフォブ/キーホルダー ゴールド[並行輸入品] 
(プラダ)PRADA 長財布  1M0506 UZF/QWA F0002/SAFFIANO METAL NERO ラウンドファスナー 型押しレザー ブラック[並行輸入品]
__52,00000
(プラダ)PRADA 長財布 1M0506 UZF/QWA F0002/SAFFIANO METAL NERO ラウンドファスナー 型押しレザー ブラック[並行輸入品] 
(プラダ)PRADA 長財布  1M0506 SAF ORO NERO1/QHH F0632 ラウンドファスナー ロゴプレート 型押しレザー ブラック [並行輸入品]
__69,93000
(プラダ)PRADA 長財布 1M0506 SAF ORO NERO1/QHH F0632 ラウンドファスナー ロゴプレート 型押しレザー ブラック [並行輸入品] 
(サンローランパリ)SAINT LAURENT PARIS ラウンドファスナー長財布 344076-GIT1J-1059 [並行輸入品]
__58,01000
(サンローランパリ)SAINT LAURENT PARIS ラウンドファスナー長財布 344076-GIT1J-1059 [並行輸入品] 
[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】
__null00
[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】 
(プラダ)/PRADA SAFFIANO2つ折り長財布 2M0836 SAF NERO[並行輸入品] [ウェア&シューズ]
__49,80000
(プラダ)/PRADA SAFFIANO2つ折り長財布 2M0836 SAF NERO[並行輸入品] [ウェア&シューズ] 
 それらのことからデルマリナ市民は、公安隊は誰が組織したのか、誰の指示によって動いていたのかを知ったのだ。  しかし、港にふたたび人々があふれかえることはなかった。それというのも、船団長ヴェラ・スキピオをはじめとする�ミセコルディア岬のむこうから戻ってきた�船乗りたちが、広く人々に航海の苛酷《かこく》さを語ったからである。  特に三隻の船団で船を一隻失ったことは、船主たちに出航を思いとどまらせる大きな要因となった。船の修理費の捻出《ねんしゅつ》さえ容易ならざる商人たちにとって、もし船を失う事態に陥れば、それは即、身の破滅を意味したのだ。それを理解してなお船を出す船主は、デルマリナには存在しなかった。    * * * 「今日も見つからなかったの?」  出迎えたマリナに訊ねられ、ケアルは力なくうなずいてみせた。  下町の大火があった夜、ケアルはエリがあそこにいるのではないかと、夜空を焦がす炎を目にして震えあがった。危ないからと止めるピアズやマリナを振り切り、舟で下町まで行ったのだが、混乱した人々の中にエリの姿を見つけることはできなかった。焼き出された人々を乗せて港と下町を何度も往復し、そのたびに舟に乗ったかれらに、金髪のエリという名の若者を見ていないかと訊ねたが、首を縦にふる者はだれもいなかった。  大火により焼け出された市民の数は三千人をこえる。その中から、たったひとりを見つけ出すのはあまりに困難だ。実際、親とはぐれた子供や、肉親と離ればなれになっていまだ生死すらわからぬ者も数多い。  死者の数は五百人と発表されたが、それもさだかなものではない。その倍、あるいは三倍いるかもしれないとは、デルマリナ市民の共通した認識だ。  必ずエリは生きている、生きてどこかにいるのだと信じて、ケアルは親友が立ち寄りそうな場所を訪ねまわった。  だが…………。 「だいじょうぶよ。きっとそのうち、ふらっと現われて、なんだおまえオレのこと心配してたの、とかなんとかけろっとした顔で勝手なことを言うに決まってるわ」  今日もだめだったと帰るたびに、マリナは真剣に力づけてくれる。何度もくじけそうになりながら、それでもエリを捜してまわれたのは、マリナの励ましによるところが大きいだろう。  でも、とケアルは、するっとさりげなくマリナが回してきた手を見おろして、なんとも複雑な表情を浮かべた。  デルマリナでは、男性が女性に手を貸して歩いたり、舟に乗ったりは当り前のこととして行なわれているが、ケアルにはどうにも馴染めない。故郷では夫婦であっても、腕を組むどころか並んで歩くことすら稀だった。  夫婦や親子ならまだしも、結婚前の男女が腕を組んだり、こんなに接近して歩いたりしていいものなのだろうか、とケアルはかなり真剣に悩んでしまうのだ。なのにマリナは、そんなケアルの困惑など知らぬげに、無邪気にケアルの腕を取る。
表示ラベル: