ルイ ヴィ トン 新作 2011バッグ
null
null「——————————」  弓塚は無言で、ふるふると首をふる。 「どうして……! 昔みたいに、普通に笑って、普通に歩いて、普通に話したりする事が、もうできないっていうのか。たった———たった二日前の話なのに……!」 「……そうだよね。たった二日前まで、わたしも志貴くん側の生き物だったなんて、夢みたい。失ってみて初めてわかった。———うん、ホントに夢みたいな時間だったなあ。もし戻れるのなら、わたしはどんな代償を払っても戻りたい」 「なら———」 「でも無理だよ。わたしは元に戻れない。ずっと、この寒くて痛くて、独りっきりのままで生きていくしかない」  弓塚はうつむく。  がくがくと震えていく、冷たい体。 「———助けて、志貴くん」