louis vuittonルイヴィトンm93522モノグラムヴェルニアマラントジッピーウォレット長財布
null
null カッサは、胃のあたりから、ふるえがこみあげてくるのを感じた。あの広間でのユグロさまの言葉が頭のなかをかけめぐった。いったい、あの話のなかに、ユグロさまは、いくつの嘘をまぜていたのだろう? たとえ、この人がわるいことをたくらんでいるとしても、なぜ、氏族長のまえで正当な裁きをおこなうまえに、殺そうとしたのだろう? 「……お兄ちゃん?」  ジナの声で、カッサはわれにかえった。カッサは、冷たい汗のういたひたいをぬぐって、じっとバルサをみつめた。 「あなたは、なぜ、カンバルにもどってきたんですか?」  バルサは、しばらくだまっていた。そして、ひとつ吐息をつくと、こたえた。 「カンバルへもどろうと思った理由は、自分のなかの亡霊をほうむるためだった。」  バルサは、ちょっとわらった。 「わたしは、六つのときに、ある陰謀にまきこまれて、故郷から逃げなくてはならなくなった。父の親友が、わたしをつれて逃げてくれたのさ。あんたたちとであった、あの洞窟をぬけて、新ヨゴ皇国《おうこく》へ逃げて……逃げて、二十五年がたってしまった。わたしをそだててくれた人は、急な病で亡くなってしまったのだけれど、わたしは、その人の人生が、わたしのために、犠牲になったような気がしてた。その思いは何年たってもきえていかなかった。  それで、古傷から目をそらすのではなく、一度きちんとふりかえってみようっていう、じつに個人的な理由で、この国にもどってきたのさ。あの六歳の日に、泣きながら手をひかれてぬけた洞窟を、もう一度、こんどは自分ひとりの力でたどってもどろう……そんな気持ちで、あそこをとおっていて、ぐうぜん、あんたたちにであったんだよ。」  カッサは、なにがなんだかわからなくなって、顔をしかめた。 「そ……その、あなたのそだての親が、ジグロ?」  バルサは、おどろいて目をみひらいた。 「なんで、それを知っているんだい?」  顔をしかめたまま、カッサはつぶやいた。 「ユグロさまが、氏族の武人をあつめて説明されたんだ。あなたが、その、ジグロをユグロさまにうたれたことを逆恨みして、ユグロさまに仕返しをするために、ここへきたんだと。」  バルサの顔に、なっとくした色がうかんだ。 (……さて、これはこまったな。)  バルサは、心のなかでつぶやいた。まさか、ユグロが、こんなかたちで、カッサのような少年にまで、ジグロとバルサのかかわりを話しているとは思わなかった。むしろ、ひたすらかくそうとしているのだと思っていたのだ。どうやら、ユグロは、バルサが考えていたよりも、ずっと頭のよい男のようだった。人が信じやすい嘘をつくのが、うまい男なのだろう。