プラダお財布公式|プラダお財布 プラダお財布アフターサービス|プラダお財布市場価格 outlet!


2015-02-05 17:13    プラダお財布
「ばか、そんな顔色をしてるヤツを放っておけるわけがないだろ……!」 「ううん、わたしは、大丈夫……志貴くんが来てくれたから、もう元気になっちゃった」  無理やりに体を起こして、弓塚は笑顔をうかべた。  それは、どうみたって空元気だ。  ……近づけない。  そうまでして、弓塚は俺を近づけまいとしているんだって、分かってしまったから。 「……いったいどうしたんだよ弓塚。どうして家に帰ってないんだ。昨日のアレは一体なんだったんだ。どうして、あんな————」 「ん? あんな、なに?」 「……くそ、俺にはわからない! ほんとうに——悔しいぐらいわからないんだ、弓塚……!」 「そうなの? 昨日のことは見たまんまよ。わたしがあの人たちを殺したって言ったでしょ?」  あっさりと返答する。  ……それだけは否定したいっていう俺の気持ちを、嘲笑うみたいに。 「それじゃあ……街で起きている殺人事件は、弓塚の仕業だっていうのか……!」 「あんまし答えたくないけど。そういう事になるよ、うん」