グッチ長財布赤どのように キーケースグッチレディース_グッチ長財布赤公式サイト_実用的なグッチ長財布赤 outlet!


2015-02-05 17:40    グッチ長財布赤
 ラース・ワウに戻《もど》らなければならないドーメは、すでに帰投のための直線コース上に乗っていた。  オーラ・マシーンと言えども、生体エネルギーだけで、飛行するのではない。  撚料に相当するバイオ・リキュールを補充《ほじゅう》しなければ、オーラを燃焼させることはできない。 「大丈夫です。最小消費速度で飛べます!」  そんな報告をする間にも、ドーメ部隊の本隊からどんどん離《はな》れていって、無線が使えなくなった。ガロウ・ランとの合流ポイントは、山が壁《かべ》となって電波が遮断《しゃだん》される位置にあったからだ。これこそ、バーンとショットの合議の結果である。  ニーのドーメは川に沿ってしばらく飛行し、大きく川が曲るポイントの上空に達した。 「味方に怪《あや》しまれないための芸当が、一番つかれるようだな」  ニーは、ブラットホームに立って苦笑まじりに言った。緊張《きんちょう》を隠《かく》すためだった。  目だけは、川と木々の間に向けられている。  川原《かわら》の一角に着陸できるだけの広さを見つけると、降下して、川原スレスレの高度で旋回《せんかい》した。 「いたっ!」  キチニが、呻《うめ》いた。声が震《ふる》えている。 「着陸する。覚悟《かくご》してくれよ……!」  ニーはプラットホームのバーに取りつけてある操縦グリップを絞《しぼ》りぎみにして、ドーメを川原に降下させた。  ジャリジャリリッ! オーラ・ノズルの息が砂利を四方に吹《ふ》き上げた。 「…………!」  二ーをはじめ、クルー全員が心細そうな表情をしている。身に一切の武器を携帯《けいたい》していないからである。 「何もしないで殺されるなんて、御免《ごめん》だぜ……」