プラ ダ新 作バックどのタイプがいい,ミュ ウミ ュウ バッ グ人気_買ってプラ ダ新 作バックどのウェブサイトの良い プラ ダ新 作バック良いで outlet!


2015-02-05 17:13    プラ ダ新 作バック
 かつてサンガルのカリーナ王女が、この地域は、最初から捨て石にするつもりだったといった、あの冷たい声が思いだされた。 (この目で、サガン諸島をみているとは……。)  自分をつかまえて、おしながしていく運命のふしぎさをチャグムは思った。  ふしぎといえば、いまの状況も、ずいぶんとふしぎだ。敵にさらわれて、タルシュ帝国へつれていかれるところなのに、この船のうえをながれる時はあまりにもゆるやかだった。  ぬけるように青い天と海のはざまで、こうして明るい日の光をあびていると、自分がとりこであることをわすれそうになる。  それでも、心の底には深い闇があった。この旅の終着点のことを思うたびに、その闇の底からきこえてくる声にひかれそうになる。この青い海のさきにまっていることからのがれるために、死をえらべ……と、ささやく声に。  海面の照り返しがきつく、長くみていると目がいたくなった。  ため息をついて、海から目をそらし、帆柱のほうに顔をむけたチャグムは、帆柱のいちばん高いところにとりついて、いそがしくはたらいている小柄な人影に気づいて、目をまるくした。 (……セナ?)  よくも、あんな高いところで。ほかにも船乗りはいるだろうに、と思いながら甲板に顔をむけると、年配のサンガル人と目があった。日焼けして、なめし革のようになっているその顔に、笑みがうかんだ。 「猿みてぇだよな。」  びっくりするような、塩辛声だった。 「あんなところにのぼらせて、だいじょうぶなのか?」  サンガル語で問いかけると、老人は、肩をすくめた。 「だいじょうぶだぁ? あたりめぇだよ。頭は、むかしっから、男のガキより船の仕事を器用にこなしてたから。胸がふくらんでも、仕事のコツはわすれてねぇやな。」  チャグムは、老人の露骨な言い方に、顔をあからめた。老人は、にやにやしながら、太いまゆ眉をもちあげてみせた。  品のないことをいいながらも、額に手をかざしてセナをみあげた目には、自慢のわが子をみるようなあたたかい光があった。  老人は、大声でセナによびかけた。