gucci長財布新作
null
(グッチ)GUCCI 財布 メンズ GUCCI 295610 F6BLN 1000 MEN STIRRUP ORIGINAL GG 2つ折財布 NERO[並行輸入品]
__36,85000
(グッチ)GUCCI 財布 メンズ GUCCI 295610 F6BLN 1000 MEN STIRRUP ORIGINAL GG 2つ折財布 NERO[並行輸入品] 
(グッチ) GUCCI グッチ 財布 GUCCI 308005 AZA3G 2527 グッチシマレザー LOVELY 長財布 ACERO[並行輸入品]
__46,11000
(グッチ) GUCCI グッチ 財布 GUCCI 308005 AZA3G 2527 グッチシマレザー LOVELY 長財布 ACERO[並行輸入品] 
(グッチ) GUCCI グッチ 財布 GUCCI 307982 KGDDG 8963 GGピアス ナイロンGG 長財布 BEIGE/EBONY/NERO[並行輸入品]
__46,11000
(グッチ) GUCCI グッチ 財布 GUCCI 307982 KGDDG 8963 GGピアス ナイロンGG 長財布 BEIGE/EBONY/NERO[並行輸入品] 
(グッチ) GUCCI 財布 サイフ 二つ折り長財布 長財布 ブラック グッチシマレザー 257303aoong1001 アウトレット レディース ブランド 並行輸入品
__39,80000
(グッチ) GUCCI 財布 サイフ 二つ折り長財布 長財布 ブラック グッチシマレザー 257303aoong1001 アウトレット レディース ブランド 並行輸入品 
(グッチ) GUCCI グッチ 財布 GUCCI 282434 KE63G 5561 GGキャンバス SUKEY 長財布 PINK/ACERO[並行輸入品]
__46,11000
(グッチ) GUCCI グッチ 財布 GUCCI 282434 KE63G 5561 GGキャンバス SUKEY 長財布 PINK/ACERO[並行輸入品] 
(グッチ) GUCCI 財布 サイフ 二つ折り長財布 ベージュ×ダークブラウン PVC×レザー 231837fzifg9903 アウトレット限定モデル ブランド レディース 並行輸入品
__39,80000
(グッチ) GUCCI 財布 サイフ 二つ折り長財布 ベージュ×ダークブラウン PVC×レザー 231837fzifg9903 アウトレット限定モデル ブランド レディース 並行輸入品 
null まだ小学生の娘の手と足の爪に派手なエナメルを塗り、大人っぽく着飾らせ、髪を染め、それを大人っぽくセットし、その幼い顔に大人の女のような化粧を施し、たくさんのアクセサリーで飾り立て、たっぷりと香水を吹き付けて自宅から送り出す母親の姿——それを僕は思い浮かべた。  いつか芸能界でデヴューしたいという少女の気持ちは理解できる。たいていの女の子は、その人生のどこかで、芸能界に1度くらいは憧《あこが》れるものだから。  けれど、子供のいない僕には、それを夢中になって応援する親の気持ちはわからなかった。ましてや、小学生の女の子に、そんな大人みたいな恰好をさせる親の本心が理解できなかった。 「あの……鈴木さんに、ひとつだけお願いしたいんですけど……」 「はい? あの……何でしょう?」  アイラインに縁取られた大きな目を見開き、ルージュの塗られた唇のあいだから白い八重歯をのぞかせ、少し顎《あご》を引くようにして少女が僕を見つめた。そうすると、より可愛らしく見えると、所属している芸能プロダクションで習ったのだろうか? 「うん。あのね……実はね……」  言おうか、言うまいか迷ったあとで、結局、僕は言うことにした。「次に絵のモデルとして来る時には、お化粧はいっさいしないでもらいたいんだ」 「はい……あの……わかりました」  戸惑ったように少女が頷いた。その様子はまるで生まれて初めて叱られた子供のようで……心細そうな小学生そのもので……僕は早くも自分が言ったことを後悔した。 「あの……僕は別に君に文句を言ってるわけじゃなくて……あの……ただ、絵描きとしての希望を言ってるだけだからね」 「はい」  少女が不安げに頷く。隣では画商も心配そうな顔をしている。 「それに、あの……できれば、マニキュアやペディキュアもしないで……アクセサリーもつけないで来てほしいんだ。それから、あの……これは僕の個人的な好みというわけではなくて、あの……今回の絵の趣旨から考えて……あの……できるだけ、普通の……あの……いつも鈴木さんが小学校に通っている時みたいな服装で来てもらえると嬉しいんだけど……」  しどろもどろになって僕は言った。  いつだってそうなのだ。僕は他人に依頼をしたり、指図をしたりすることが嫌いなのだ。そういうことが嫌だからこそ、こうしてひとりで生きているのだ。 「はい。わかりました。明日からはそうします」  少女は素直に頷いた。もう驚いたふうでも、心細げでもなかった。