ディオール財布新作製品,2015年新作ルイヴィトンスーパーコピーヴェルニ ショルダーバッグ M91705,ブランドディオール財布新作オファー|ディオール財布新作販売公式サイト outlet!


2015-02-05 17:02    ディオール財布新作
「よせよ、みっともない」  新城は森山の手を|蹴《け》とばして指を折った。 「死にたくない……|儂《わし》が死んだら、儂の財産はどうなる……全財産をやるから、助けてくれ!」  森山は|嘔《おう》|吐《と》しながら|呻《うめ》いた。 「貴様には、|俺《おれ》が誰なのか、まだ教えてなかったな。貴様が名前まで知るわけはないが、俺は新城健二の息子だ」  |瞳《ひとみ》に暗い怒りの炎を燃えたたせながら新城は言った。 「し、新城? 知らん、儂には何のことだか見当がつかん」 「政界と財界の汚れたパイプ役である貴様も、九鉄の|君《きみ》|津《つ》進出に手を貸した。漁場も土地も奪われた俺のオヤジは、オフクロと妹を|捲《ま》きぞえにして猟銃自殺した」  新城は吐きだすように言った。 「そ、そんなことを理由に儂を殺すのか?」  森山は悲鳴と共にわめいた。 「そうだ」 「儂は、そんな自殺事件があったことも知らなかった。あんたは|偏執狂《へんしつきょう》だ。|復讐《ふくしゅう》のために復讐を重ねる気違いだ!」  森山は|喘《あえ》いだ。 「何とでも言え。俺はこうやらないと、俺の気が済まないんだ」  新城はナイフを森山の|喉《のど》に当てた。  絶叫をあげた森山が夢中でナイフの刃を|掴《つか》む。  新城がナイフを強く引くと、森山の指は切断された。新城は、左耳の下から右耳の下にかけて森山の|喉《のど》を深く|掻《か》き切った。