ヴィトン長財布新作アフター ミュウミュウ 長財布 ピンク,実用的なヴィトン長財布新作 ヴィトン長財布新作スターの製品 outlet!


2015-02-05 17:49    ヴィトン長財布新作
「来てみりゃあ、わかる」 「商売やな」  津田はちょっと複雑な表情をしたが、先に立ってずんずんと歩き出した。保郎も何となく心惹かれて後を追った。  小学校は加茂小学校といった。日本人の国民学校である。各地から避難して来た女、子供たちがいる。ぼろぼろの衣服、泥まみれの衣服、中には南京袋に身を覆う女たちさえいて、保郎は思わず目をそむけた。 「ここが宿だというだけだ。食い物もろくに与えられていないらしい」  津田が怒ったように言った。栄養失調で、母親たちも子供たちも、顔がどすぐろくむくんでいる。一様に光のない目が、ぼんやりと宙を見ていた。 「大変やなあ。食うものは何も出んのか」  心の荒れていた保郎も、さすがに久しぶりに人間らしい思いが甦った。 「しかし、この人たちはまだ子づれなだけ、ましなんだ。たいていの避難民は、ここに来るまでに、子供に死なれたり、手放したりで……」  津田はそう言い、 「みんな国策だ国のためだと、満洲の開拓のために駆り出されて来た人たちだ。だまされて来た人たちだ」  保郎は、広い屋内運動場に、敷物一枚なく坐りこんでいる人たちを見ながら、ふと、その中を忙しげに歩きまわる中国人たちに気づいた。 「おい、津田。あの雑嚢を肩に吊っとる中国人たちは、何しとるんや」 「ああ、あの人たちを見せたかったんだ。救いの神さ」  保郎は、近くの母親と何か話をしている中国人のそばに寄って行った。 「だいぶ弱っている」  中国人は三歳ぐらいの男の子の肩に手をやって言った。 「もう五日も、食べ物らしい食べ物は食べていないもんだから」