スカーフ エルメス 巻き方市場価格|エルメス プリーツ スカーフ,スカーフ エルメス 巻き方新型価格 どんなブランドのスカーフ エルメス 巻き方いい outlet!


2015-02-06 23:28    スカーフ エルメス 巻き方
「お疲れさん」 「じゃ、頼んます」  大阪での生活がつづいた。  夜警やビル管理人の仕事をしながらも、慎平は気懸りだった。東京での京子殺人事件。捜査はいったい、どうなっているのか。くる日もくる日も、刑事が今に訪問するのではないかと慎平は内心、怯(おび)えているのだが、どういうわけか、音沙汰がない。  あるいは、捜査はもう別の方向に展開しているのかもしれない。もともと慎平は犯人ではないのだから、刑事がこないのが当たり前といえば、当たり前であった。  といって、身辺が平穏なのかというと、そうではない。おかしなことがつづく。慎平はこのところ、いつも誰かに、見つめられているような気がするのだった。  ビルの夜警をしている時、道頓堀で食事をしている時、朝夕の出退勤時、ふっと、どこからともなく自分を見つめている視線を感じたり、尾行者がいるような気がしてならないのである。 「はて、気のせいだろうか」  慎平がいま住んでいる湊町二丁目から、勤務先の千日前までは、歩いてほんの十四、五分の距離である。  繁華街や大通りはさほどではないが、昼番を終えての帰り道、四ツ橋筋を渡って元町公園をすぎると、あたりは急に淋しくなる。二丁目のアパートにたどりつくには、その手前にある関西本線の湊町駅近くの長くて高い陸橋をこえなくてはならない。  そのあたりにくると、夜間はもう無人だ。通りにも、引込線の保線区にも、人影はない。長い陸橋を渡りながら、ふと後ろをふりむくと、黒いトレンチコートを着た男がひっそりと尾(つ)けているような影を認めて、慎平はつい急ぎ足になってしまうのだった。  ある晩のことだ。奇妙なことが起きた。その日は夜勤だった。午前一時をすぎて堀川ビル内の見回りをしている時、地下一階にあるボイラー室の蛍光灯が消えていた。  慎平は、その地下室にはいった。スイッチを押したが、電気がつかない。  計器を確認するため、懐中電灯をボイラーにあてた時、背後の闇に人の気配を感じて、ふり返った。しかし一瞬後、後頭部に激しい衝撃を受け、床に倒れこんだ。死ぬのではないかという恐怖を覚えながら、慎平は気を失った。  意識を回復した時、自分がどのくらいの時間、昏倒(こんとう)していたのか見当もつかなかった。 「どないしたんや。織原はん!」  同僚の平野猛が抱えおこしていた。