シャネルピアス偽物見分け方
null
スーパー 大玉 Wパール ピアス  ビジュー 真珠の首飾り
__1,89000
スーパー 大玉 Wパール ピアス ビジュー 真珠の首飾り 
null遊紗「どうしたんです? わたしの目になにかついてましたか?」 泣いてなかった。 太一「愛しいお嬢さんってことさ」 遊紗「え……」 平然と仕切り直す俺。 遊紗ちゃんの顔から、洗い落としたように表情が消えた。 そして薔薇が咲き誇るほどに赤々とした羞恥の色に———染まらず、 遊紗「ぐじゅんっ!!」 遊紗「ぐじゅんっ!!」 くしゃみをした。 濁ったくしゃみだった。 遊紗「あ、ごめんらはい……ぁ」 最後の『ぁ』は敏感な部分を擦られてついつい漏らした桃色清純吐息では断じてない。 彼女の目が、あるものを注視したためにこぼれた、小さな驚きだった。 俺と遊紗ちゃんの間に、橋がかかっている。 片方は俺の制服の、ちょうど腹部あたり。 もう片方は、遊紗ちゃんの鼻。 つまり。