規格品の販売ブランド財布サイト,シャネル財布タイムレスクラシック|ブランド財布効果が良い,ブランド財布規格品の検証 outlet!


2015-02-06 23:13    ブランド財布
「したらな、善悪をわかる者は、愚か者の反対やろ」 「そうや。それで?」 「したらな、愚か者の反対は、賢い者やろ。どうや、舵取《かじと》りさん」  今、ギュツラフは、善悪を判断する知恵と、確かに言った。 「なるほど、賢い者か。それがええな」  岩吉がうなずき、ギュツラフに言った。 「かしこいもの」 「カシコイモノ?」  ギュツラフはノートに、その言葉を書いた。岩吉が音吉と久吉に言った。 「イン ザ ビギニング ウオズ ザ ワードだでな。『はじまりにかしこいものあった』はどうや」 「はじまりにかしこいものあった……できた、できた、それでできたわ!」  久吉は手を叩《たた》いたが、音吉が不審な顔を二人に向けた。 「舵取《かじと》りさん、ウオズやから『あった』でええんやろけど、かしこいものはもうおらんのやろか」 「さてな? 音、ミスター・ギュツラフに尋《たず》ねて見い」  音吉は英語でギュツラフに尋ねた。ギュツラフは、 「いや、それはいつまでもあるものです。今も万物《ばんぶつ》を支配しています」 「ではどうして、ウオズなのですか?」 「なるほど、よいところに気がつきました。このロゴスは、過去にあり、現在にあり、未来にあるものです。とにかく、一番初めの時のことですから、ウオズとしたのでしょう」