買ってルイビトン長財布コピー何に注意して_gucci 新作 バッグ_ルイビトン長財布コピーの十大ブランド_ルイビトン長財布コピー役立つか outlet!


2015-02-06 23:58    ルイビトン長財布コピー
 馬屋の主人はだいたい十手捕縄をあずかっているのがおおいものだ。仁兵衛だって今では堅気の天ぷら屋の主人におさまっているものの、六七年まえまではご多分にもれず二足の草鞋《わらじ》をはいていた。おえんはなんとなく仁兵衛はその筋の者と会ったのだな、と直感した。 「おまえ、今、小舟町の油問屋の取りたてをやってるそうだな」 「なかなかあくどい男でね。そのうえしぶといやつなんで、今はにっちもさっちもいかないところだけど」  相手が父親だけに、おえんはちらと本音をのぞかせた。 「油問屋仲間でも凄腕《すごうで》できこえている男のようだが、見とおしはあるのか」 「一つきっかけさえあれば、追いつめていけるんじゃないかと、今それをさがしているとこですよ」 「なかなかむつかしいのじゃないか」 「どうしてお父っつぁん、そんなこというの」 「今日、八百蔵《やおぞう》といってな、堀江町小舟町あたりを縄張にしている目明しが、ここにたずねてきたんだよ」 「やっぱり……」 「八百蔵はな、なんとなく山崎屋とおまえのかかわりを口にしていた。山崎屋からやつんところへ、かなりの小遣いがでてるんだろうよ」 「手をひかせろ、っていわれたの?」 「そこまではむこうだっていえた義理じゃねえし、こっちもいわれる弱みはねえ。それとなく昔なじみの縁でたのみにきたんだろう」  おえんはさもない様子で、のこり酒を口にふくんだが、腹のうちにいかりがこみあげていた。口の中ににがみがひろがった。娘にそんな目明しの意をつたえた父親にではなくて、油問屋にたのまれて仁兵衛に会いにきた八百蔵という男に、いかりが湧いてきたのだ。  山崎屋ばかりでなく、大きな商家などには、たいがい出入りの目明しがいるものである。用心棒がわりになることだし、つまらぬ紛争にまきこまれるのをふせいだり、ささいな事件のもみ消しをたのんだりするために、月々、あるいは半季ごとに手当をわたして、目明しを出入りさせているのだ。 「おえん、おめえ、腹をたてているな」  仁兵衛がいった。 「お父っつぁん、八百蔵って人に、義理も弱みもないっていったけど」