コーチ長 財布 新作いくら 2015冬新作 グッチブランドコピー 長財布 GGキャンバス ハート ベージュ 203550-FFPAG-9643|コーチ長 財布 新作品質はどうですか|コーチ長 財布 新作コーナーの規格品 outlet!


2015-02-06 23:47    コーチ長 財布 新作
「今までに外敵はたびたび襲って来たのですね」 「はい。我々は守ってやらねばなりませんでした。しかし、彼らの一人が不幸な目に会っているとか、彼らの神のありようが正しくないとか言うことについては、我々はまったく関与しないで来ました」 「つまりそれは、目のありようと同じだったわけですね」  ムー人たちは、顔を見合せた。その指摘は彼らにとって盲点であったようだった。 「我々が目の真似《まね》をしたとおっしゃるのですか」  ムー人の一人が心外そうに言った。 「そうは考えていません。しかし、結果的にあなたがたは、ここの人間たちに対して、目と同じ役を果して来てしまったでしょう」 「考えても見なかった」  ムー人たちはそう言い合った。 「たしかにそのとおりのようで」  やがて学者が代表して栄介に答えた。 「小さくたとえれば、隣人の生活には介入しないということですが、表現を大きくするとこういうことになります」  栄介はちょっと北川のほうへ振り向いてから続けた。 「異なる世界の知性体の発達には介入しない……」  みんなしばらく沈黙していた。 「目を異星人だと考えると筋が通る」  北川がその沈黙を破った。 「彼らは我々地球人より、はるかに高度な知性体だろうね。彼らはこの地球に、我々人類が出現することを、ずっと昔から予測していた。彼らは地球をめぐる軌道に衛星をのせ、ずっと観察していた。つまり目だ。見るだけの存在だ」