收藏

gucci 長財布 新作編集

F's MAUMU 本革 長財布 メンズ レディース リアルレザー サイフ 高級本革 ウォレット
__2,98100
F's MAUMU 本革 長財布 メンズ レディース リアルレザー サイフ 高級本革 ウォレット 
(グッチ)GUCCI 時計 メンズ 腕時計 GUCCI YA101331 Gラウンド クロノグラフ ステンレス オールブラック[並行輸入品]
__121,89000
(グッチ)GUCCI 時計 メンズ 腕時計 GUCCI YA101331 Gラウンド クロノグラフ ステンレス オールブラック[並行輸入品] 
秋冬新作 スポーツ ウエア レディース パーカー フード付き
__3,180 - 3,86000
秋冬新作 スポーツ ウエア レディース パーカー フード付き 
クロコダイル 鞄 クラッチ バッグ メンズ レディース
__2,220 - 2,98000
クロコダイル 鞄 クラッチ バッグ メンズ レディース 
(グッチ) GUCCI GUCCI グッチ 269878 F4CMG 8453 GGキャンバス ハンドバッグ/トートバッグ ベージュ/キャメル[並行輸入品]
__83,14000
(グッチ) GUCCI GUCCI グッチ 269878 F4CMG 8453 GGキャンバス ハンドバッグ/トートバッグ ベージュ/キャメル[並行輸入品] 
(グッチ)GUCCI 時計 メンズ 腕時計 GUCCI YA101309 Gラウンド クロノグラフ ステンレス ブラック/シルバー[並行輸入品]
__118,00000
(グッチ)GUCCI 時計 メンズ 腕時計 GUCCI YA101309 Gラウンド クロノグラフ ステンレス ブラック/シルバー[並行輸入品] 
 私は支那を経めぐりながら、列車というものの安定を、従来鵜呑《うの》みにしていた、迂闊《うかつ》さに驚いた。列車というものは、路盤という堅固な陣地が構築され、その上にレールが通され、そのレールが、また、きっちりと鋲《びよう》でとめられて、ようやく臆病に、一輛《りよう》の列車が通れるものである。それも、いつ脱線するか知れはしない。ぶかぶかと体が揺れたら、脱線にきまっていた。私は列車というものが、そのように不安定なものだということは、支那の旅でつくづく知らされたが、それでも貨車の中に藁《わら》を敷いて寝そべりながらゆく旅は、気楽だった。いつ爆破されるか、襲撃されるか知れないが、これは戦場だ。  長沙も焼け、衡山《こうざん》も焼け、岳州も焼けていたが、もともと関聯の薄い、私の責任外の町だというような気がしていた。  が、これはどうしたことだろう? と内地の沿線の焼土を眺めて、不思議な追いつめられた、慚愧《ざんき》の感情になぐりつけられる。大阪も焼け、名古屋も焼け、静岡も焼けているのである。静岡は、まだ燃え残りの家、柱がくすぶっていた。女が呆然と大皿を抱えて立ち、子を負い、髪をふりみだして立っていた。  己の確立などという、甘い、たわけた妄想《もうそう》の段ではない。遅かった。どうするのだ? とひとしく今日に生を受けていながら、この未曽有《みぞう》の頽廃《たいはい》を支えとめ得なかった己の怠慢に、焼きつくされる心地である。 「あ、B29」  と車中の一人が空を指しながら云っていた。富士がくっきりと晴れていた。その真上の空に、縦に白い弧を描いて飛行雲が流れている。一点のキラキラ冴《さ》える機影が、長大な虚空の雲を曳摺《ひきず》っていた。 四  東京は、もう全くの廃墟《はいきよ》である。大森の坂の上あたりに見慣れた町の一角が焼け残っていると車窓から眺めたが、横浜から鶴見、蒲田《かまた》、新橋と、炎は悉皆《ことごとく》を舐《な》めつくしていた。間々ゆがんだ鉄骨とガラン洞のコンクリ建築が、亀裂と明暗だけの、にぶい寂寥《せきりよう》に耐えるふうである。春の飄風《ひようふう》に吹きたてられながら、樹々の幹が、その頂きの辺りだけ、幼時、折り取って焼いて喰った、柳虫の風情でビクついていた。  リツ子と太郎と三人して、出京の折、立並ぶ都心の家並の上に、阻塞《そさい》の気球が空一杯蔽《おお》うているのを眺めた一年昔の壮観は、全く夢のようだった。  私は、戦地から東京の親、妻子、兄弟に宛てた手紙や伝言を沢山託されていたが、池袋の駅を降りてみて、一切投函するのを、止めにした。とめどないではないか。  しきりに旧知の友人を探したかった。幸いK社が護国寺の一角に残っている。支那に出発の際、世話になった「近代」の原氏が相変らず、口角に泡を飛ばして頑張っていた。アメリカを十五年ばかり放浪したという変り者で、日本必敗論だが、その発端が奇抜である。 「日本人は雨を恐れる。いや、雨に左右される。やれ雨降りだといって、洋傘だ、何だと騒いだ上にだ、肝腎の約束はすっぽかす。彼等はですね、——アメリカですよ。彼等は、雨を恐れん。いや問題にせん。レインコート一枚で何処でも走る。いや、服のままで、平気で歩く。濡れたら、乾かす。それだけさ。俺が云っとく。雨を恐れる国民の方が敗けだ。日本必敗さ」  アメリカ帰来の憂国の志士はこう云って、口角に泡を飛ばしている。  雨と云えば私は湖南の雨に、思う存分濡れつづけてトラックの架橋に坐っていたことを思い出した——。
表示ラベル: