chanel 財布 新作スーツ,chanel 財布 激安 chanel 財布 新作どの金がいい_世界ブランドchanel 財布 新作 outlet!


2015-02-06 23:19    chanel 財布 新作
「なんとかしなくちゃな」  おどけて彼女の鼻をつつく孝夫であった。  孝夫が新人賞を受賞したのはこの二年後のことだった。その間、孝夫の父が死んだ。  美智子の勤める病院に入院して十日で死亡した。末期の肝臓癌だった。父は入院する前日まで鉄工所で働いていた。 「腹が痛くてな」  と、マンションに電話してきたので、孝夫は美智子に替わった。 「それで、その固いものを触れるのはいつからですか」  医者の口調になった美智子の表情がくもった。  父が孝夫に電話をかけてきたのは後にも先にもそのとき限りだった。美智子の希望で東京郊外の教会であげた結婚式にも、父は、 「おれみたいな田舎もんが、お医者さんの結婚式になんか」  と、出席をしぶったものだった。  結局、美智子が説得して出るには出たのだが、賛美歌を歌えずにただうつむいている父の姿は哀れであった。結婚式に来た孝夫の親族は父だけだった。美智子の方は母親をはじめとして、叔父叔母夫婦など十数人が出席したので、でき上がった記念写真はきわめて釣り合いの悪いものになった。スミ江さんは、 「私は関係ないから」  と、はなから孝夫の招待に首を振っていた。  今回も、スミ江さんが病院に姿を見せたのは父が入院して四日目だった。末期の肝臓癌で予後三カ月と診断された父は、十日目の朝、腫瘍が破裂して腹腔内に大出血を起こし、あっけなく昇天した。  スミ江さんはもちろん、孝夫や美智子の目にも涙はなかった。スミ江さんは手早く葬儀社を手配して、通夜から葬儀までを取りしきった。孝夫は迷った末に、 「チチシス」  と、電報だけを谷中村の祖母に送った。