ボッテガ財布 スー パー コピ ー公式サイトは規格品か,プラダ 財布 激安 ボッテガ財布 スー パー コピ ーいくら_ボッテガ財布 スー パー コピ ー規格品のコーナー outlet!


2015-02-07 15:04    ボッテガ財布 スー パー コピ ー
 その装束は、故郷の宮でチャグムが湯浴みをするときに世話をする、小姓の少年たちのすがた姿にきみょうなほどにていたが、小姓の少年たちの衣はこんなふうにうすくはなかったし、その身のこなしは、ぴしっと折り目ただしく、もっと清らかな感じのするものだった。  新ヨゴの宮の湯殿は、皇族が穢れを落とす神聖な場だから、しずけさと、やわらかな光にみちた空間だ。小姓たちはひと言も口をきかず、もくもくとつとめる。  この広間にたたずんでいた娘たちも、ひと言も言葉をはっしなかったけれど、彼女たちが立ちあがると、天井のあたりから優雅な弦楽器のしらべがわきあがった。ふりあおぐと、はるか高い天井の、やや下のあたりに、すかし細工の窓がみえた。あのむこう側に楽士たちがいるのだろう。  娘たちは風の精のようにふわふわとちかよってきて、チャグムの衣を一枚ずつぬがせはじめた。娘たちからは、ワクラ(香りのきつい花)のような香りがただよってくる。帯をほどき、衣をぬがせる手つきは軽く、人の手がふれているような気がしなかった。  チャグムが、うすい白の下衣《したぎ》と下帯だけになると、娘たちは、そっと袖《そで》をとって、チャグムをつぎの間にみちびいた。  巨大な扉がおしひらかれると、むっと、熱い蒸気がおしよせてきた。なかにはいると、息ぐるしく、たちまち汗がふきだしてきた。  そこは、さっきの広間よりはややせまくて、うす暗い空間だった。部屋のむこう側には、クルム(アーチ)型の入り口があり、そのむこうに、光がさざめいてみえる。あそこが湯殿なのだろう。  ふと、肩にふれられて、チャグムは、そばに立っている娘をみた。いつのまにか、ほかの娘たちは背後にさがり、ひとりの娘だけがかたわらに立っている。  チャグムはすぐに、眉をひそめて娘から目をそらした。この部屋にみちている蒸気のせいで、まとっているうす衣が肌にはりつき、娘の身体の線をはっきりとみせていたからだ。 「あのむこう側が、浴場か。ならば、世話はここまででよい。あとは、ひとりでやる。」  そういったが、娘ははなれていかず、それどころか、身体をすりよせてくる。肩にふれた手が、なでるように胸もとにおりてきた。娘の顔をおおう布の下の赤い唇に、うすい笑みがうかんでいるのをみた瞬間、チャグムは、ぱっと娘の手をはらいのけた。  はげしい怒りで、声もでなかった。心ノ臓が破裂しそうにのたうっている。  チャグムは怒りに目をきらめかせて顎をあげると、ものもいわずに浴場へと歩いていった。  娘たちは、ついてこなかった。  浴場への入り口をくぐると、金色のまぶしい光につつまれた。  広大な空間だった。半球形の天井にはこまかい星形の穴があいており、そこから、夕暮れの光が無数の糸のように浴場にふりそそいでいる。  たっぷりとした湯がゆらゆらとみちている浴槽は、百人ぐらいでも、ゆったりとくつろげるのではないかと思われるほどの大きさで、浴槽も壁も、貝の内側のように、やわらかな光をたたえた白だった。