收藏

ルイヴィトンファセット編集

 ああああああ、という絶叫。  奇声をあげてシキは跳んだ。  秋葉にではなく、その背後にいる俺に対して。 「—————」  だが、それはこちらも覚悟していた。  ナイフを構えて疾走してくる敵を迎え撃つ。  だが、こちらのナイフより、シキの爪のほうが幾分早い。  結果はやはり相討ちか。  だがそれなら、確実にコイツの『線』を切断して、バラバラに解体できる——— 
表示ラベル: