どんなブランドのiphone ケース ブランドいい louis vuittonエピジッピーウォレット|新しいiphone ケース ブランド価格 規格品iphone ケース ブランド通販、 outlet!


2015-02-07 13:13    iphone ケース ブランド
 まだ村井の手は夏枝の背にあった。そのまま台所から二人が出た時、徹が立っていた。 「あ、徹さん、ごくろうさん」  徹はプイと顔をそむけて、忙しげに病院のほうへ出て行った。 「葬式までおられますか」 「ええ」  徹のいまの態度が気になって、夏枝は浮かぬ顔をした。 「帰りはお送りしますよ」 「ありがとうございます」  夏枝は病院の廊下に出てみた。電灯の点っている事務室の中に、男たちが五、六人、電話をかけたり、話し合っている。その中に、徹が一人、ぼんやりと頬杖をついていた。  北原が外から玄関に入って来た。夏枝を見て、北原が微笑した。夏枝もほっとして、微笑を返した。 「高木先生の妹さんたち、稚内から車で来られるらしいんですよ」 「まあ、それはお疲れになりますわね」 「徹君に会いましたか」 「会いましたわ」  こだわりなく話しかけてくれる北原に、夏枝の心は徐々にひらいた。北原はまた、高木の家に入って行った。夏枝は、まだ頬杖をついている徹を窓越しに眺め、ちょっとためらってから、近づいて行った。 「徹さん」  ひらいたままの戸口に立って、夏枝が呼んだ。徹がじろりと夏枝を見た。 「陽子ちゃんに電話をしてくださらない?」