ルイヴィトンスピーディ卸売|ルイヴィトンスピーディ40,買ってルイヴィトンスピーディの注意事項_ルイヴィトンスピーディ公式サイト outlet!


2015-02-07 14:31    ルイヴィトンスピーディ
「はあ……」 「あれ、とりやめてくれませんか?」 「劇の発表を中止しろということですか?」 「なんとか頼みますよ」 「なぜです? 何か問題があるんですか?」 「わたしも台本を読ませてもらったんだけどね。題材があまりにも生なましすぎると思うんだ。まるっきり今度の藤田圭子君の事件の経過の引きうつしでしょう。レイプが万引きにかわってはいますけど、誰が見たってモデルが今度の例の事件だとわかりますよ」 「まずいんですか? わかっちゃ」 「これ以上、甲田組を刺激することはないと思うんだけどね」 「それが中止の理由なんですか?」 「それだけじゃありません」 「他にどんな理由があるんですか?」 「市の教育委員会が心配してるんです。実はこれまでにわたしは、宇津木先生の件で三回ほど教育委員会に呼ばれてるんです」  校長は、椅子の背もたれから背中を離し、机に両肘を突いて眼を伏せた。声が低くなっていた。宇津木には、高沢が言おうとしていることの見当がついてきた。いらだちと怒りが、宇津木の胸にひろがりはじめた。 「市の教育委員会では、今回の事件での宇津木先生の一連の行動を、非常に憂慮しているんです。憂慮というのは、教育委員会の学校教育部長の口から出されたことばですがね」  宇津木は口を噤《つぐ》んでいた。 「教師が検察官のように、事件の容疑者を問い詰めたり、おまけにその生徒と二度も暴力沙汰を起したりするのは、好ましくないし、行き過ぎと批判されても仕方がない、と教育部長は言うんです」 「行き過ぎですか? 弁解はしませんが……」 「先生が最初に事件を警察に届けていれば、暴力沙汰も起きなかったし、教師が暴力団に名誉毀損や誣告罪で訴えられるという事態も避けられただろうし、また、警察は当然、被害者の藤田君のプライバシー保護の配慮をするから、校内レイプ事件などというショッキングな出来ごとが、表沙汰になることもなかっただろう、と教育部長は言ってるんです」