激安ルイヴィトンタイガビジネスバッグ|ヴィトンタイガセカンドバック ルイヴィトンタイガビジネスバッグ公式ページのURL,ルイヴィトンタイガビジネスバッグ 2を折り返す outlet!


2015-02-07 12:47    ルイヴィトンタイガビジネスバッグ
 牛尾修二は言った。 「若いんだよ、牛尾君は。忙しくて奥さんとの間であっちのほうがごぶさたらしいんだ。それで、鼻血ブーなんだって」  猪河原公一郎が、古くさいギャグをとばした。だが、猪河原公一郎の顔は、聴いたばかりのショッキングな知らせで、うつろな感じにこわばったままだった。 「あっちのほうって、そうなんですか、男の人は」 「ばかだな。冗談だよ」  牛尾修二はむっとして言った。鹿沼真知子の口調には、とぼけてからかっている感じがあったのだ。 「ぼくも残念だよ、鹿沼君。また機会を作るからね」  猪河原公一郎は、無理にこしらえた笑顔で、鹿沼真知子にことばを投げた。彼の眼はしかし、ショックの影響から脱け出てはいなかった。鹿沼真知子は、濃いめに化粧を直した顔にも、ドアを閉めながらひねった腰のあたりにも、コケティッシュな気配を漂わせて、姿を消した。それが意識してのことかどうか、牛尾修二にはわからなかった。だが牛尾修二は、鹿沼真知子が猪河原公一郎の気を惹《ひ》いたり、じらしてみたりして、それを楽しんでいるのではないか、と考えた。 「どういうことなんだ?」  鹿沼真知子が、玄関を出て帰って行くとすぐに、猪河原公一郎はソファに尻を叩《たた》きつけるようにして坐って、口を開いた。声は怒声《どせい》に近かった。だが、猪河原公一郎の眼は不安に揺れてくもっていた。彼は怒っていいのか、うろたえるべきなのかわからずにいるようすだった。 「犯人らしい男は、みちるちゃんの身代金として、一億円を要求してきてます」  牛尾修二は言って、�コチラサマ�とでも�厄病神�とでも、好きな呼び方をしろと言った男との、電話のやりとりを猪河原公一郎に伝えた。 「一億円だと。ふざけやがって」  猪河原公一郎はテーブルを叩いて唸り声をあげた。顔面がまっ赤になっていた。 「警察に届けたら、みちるちゃんを殺すと言ってます。そうなると先生が困るだろう、と犯人は言ってるんです」 「そいつはどうやって、みちるの父親がこの猪河原公一郎だってことを知ったんだ?」 「わかりません。わかりませんが、逆に言えば、馬場秋子さんと先生との関係を知っている者の犯行だということが、これでわかったわけです」 「選挙がらみのいたずらとか、脅しとかじゃないのかね? まさか秋子が仕組んだ狂言誘拐じゃないだろうな。秋子はそんなことのできる女じゃないはずだがな」