xx } {よ|ルイヴィトンメンズベルトコピー ルイヴィトンダミエメンズベルト着払い,ルイヴィトンダミエメンズベルトどうしてで outlet!


2015-02-07 12:40    ルイヴィトンダミエメンズベルト
「そりゃそうよ。徹君のへその緒を切るところ見てたんだもの」 「いや、そうじゃないよ。いくら小さい時から知られてもね、どうってことはないけどさ。小母さんは、どこかかなわないものを持ってるんですよ。立派なんだな小母さんは」 「ありがとう。じゃ、立派な小母さんからいっておくわ。あんた方二人が仲よくしなけりゃ、陽子くんは、本当の意味で、元気にはなれないわよ」 「それはわかるけどね、小母さん。おふくろときたら、少し自分勝手なんですよ。陽子の気がふさいでるのがどうだとか、話しかけてこないのが気に入らないとか。だけどねえ、ぼくが陽子なら、あんなことじゃすみませんよ」 「徹君には徹君のいい分があるわけね。まあ、いうだけいってごらんなさい」 「ぼくがいいたいのはね……。とにかく、ぼくが陽子なら、陽子みたいに素直に、お早うやお休みのあいさつなんか、しませんよ。第一、口なんかきかないな。自分を自殺にまで追いこんだ人間に、ぼくならそんなに寛大じゃいられませんよ」 「まあ、徹さんたら……」  こわばらせた顔を、夏枝は上げた。 「おかあさん、ぼくはね、おかあさんがこのことをしっかり覚えていてほしいんだ。あのままもし助からなかったら、陽子は死んでいたんだよ。つまりおかあさんは陽子を殺したってことになるんだよ」 「まあ殺したなんて……」 「だってそうじゃないか。おかあさんて、そこまでハッキリいわないと、物事がハッキリ見えない人間なんだ。さいわい陽子が助かったから、まあ殺人未遂というところだけどねえ」 (殺人未遂)  夏枝は唇をかんだ。 「おかあさん。自殺にまで追いこんだ相手に、ごきげんを取ってもらおうなんて、甘ったれちゃいけませんよ。それさえわかってくれたら、ぼくはいいんだ」 「きびしいのね、徹君も。ところで陽子くんの顔を見て来ようかしら」  座の空気を変えるように、辰子は立ち上がった。立っただけの和服姿が、踊りのしぐさのように美しい。誘われるように徹も立ち上がった。 「ぼくものぞいて来ようかな」  ホッとしたように、夏枝が二人を見上げた。その夏枝に、辰子が軽く片目をつむって見せた。