草間彌生ルイヴィトン財布ランキング ルイヴィトンダミエアズール二つ折り財布,草間彌生ルイヴィトン財布公式サイトは規格品か_草間彌生ルイヴィトン財布実体の店 outlet!


2015-02-07 12:21    草間彌生ルイヴィトン財布
「だから……やめよう、また同じ話になっちゃうよ」 「…………」  清市は本気で思ってる。あたしが呈児をその気にさせてるって……信じたくないけど、思ってる。説明してもきっと、……だめなんだろうな。あたしは目の前が暗くなっていくような気がした。 「もういいから、こっちにおいでよ、八寿美……」  清市が手を伸ばしてあたしのからだに触れた。あたしは、ただぼんやりと彼に抱きしめられた。 「俺はやなんだよ……おまえのこと好きだから」  好きだったら、信じてくれるものじゃないの? あたしは声に出さずに思った。言えばまた、同じ話になってしまうんだろうから。  あ。  今、おまえって言った……。  前にも、好きでもない男に妙になつかれたことがある。  嫌いというほどでもなかったけど、仕事の相手だったので、ずいぶんまめな人だくらいにしか思っていなかった。  一緒に酒を飲んだこともあるので、くだけた話もしたと言えばした。でもあたしは仕事相手なんか最初っから男だなんて思ってない。ちょっと、どういうつもり? って言わなきゃならなくなったときには、一応相手もあやまってはくれた。でも、結局、もめた。そんな気があったのなかったのなんて、あとから言ってもしょうがない。あたしはその仕事の担当からはずれることになった。屈辱だった。もう関係ないのに、なんだかんだ理由をつけて手紙や電話が来た。名前を見るのも声を聞くのもいやなのに、相手には全然それがわかってないのだ。その度に落ち込んだ。あの時のことも、清市はあたしがサインを出していたって言うんだろうか。 「そうだよ」  やっぱり言われた……。 「八寿美はセックスの話も平気でするし、誘ってるように見えるんだよ」 「でも。あたしの周りには、あたしがどんなやらしい話しても、ただ単に楽しんで、ふつうに接してくれる男の方が多いんだよ。誘われたと解釈する男の方が、あたしにとっては変わってるよ」 「そんなに……そんな話をしてる男がいるんだね」