グッチ 公式のスターの製品,gucci長財布激安 グッチ 公式どのタイプがいい_モールグッチ 公式旗艦店 outlet!


2015-02-07 14:44    グッチ 公式
 それが、僕と彼女との出会いだった。 「ここに座って、少しお話をしてもいいかしら」 「どうぞ」 「ご迷惑?」 「いや、全然。退屈していましたから」  彼女はゆっくりと落ち着いた動作で僕の横の席に腰かけた。 「静かね」 「ああ、まったく」  屋上では、子供たちを乗り物に誘うテープがひっきりなしに流れ、子供たちは歓声を上げて走り回り、ペットショップからは躾《しつけ》の悪い犬たちの鳴き声や時おり耳をつんざくようなオウムの叫び声が聞こえてきた。  でも、彼女が言うように、ここは確かに静かだった。どんなざわめきも決して意識にまでは届いてこない、そういう意味の静けさだった。 「気がつかなかったかもしれないけれど、あなたを何回も見かけたの。ここでも見たし、新宿|三越《みつこし》の屋上でも渋谷《しぶや》東急本店の屋上でも」 「屋上マニアなんだ」 「なぜ、こんなに何度も見かけるのかしら」 「それは、君もきっと屋上マニアだからだろう」  僕はそう言って、煙草に火を点けた。  彼女は小さく笑った。口もとを一瞬きゅっとすぼめるような、見逃してしまいそうな笑顔だった。  彼女はサマーセーターを着ていた。それは葉子が欲しがっていたのについに最後まで買うことができなかった薄手の紺色のセーターだった。どうしてそんな値段がつくのかわからない、と葉子がこのデパートの四階で何度も溜息《ためいき》をついていたものだった。そして肩には、二年前のクリスマスにビルの屋上から飛び降りるような気持ちで葉子に買ってやったものとまったく同じ形の同じブランド物のバッグをどうでもよさそうに提げていた。結局、葉子は滅多にそのバッグを使うことがなかった。寝室のローチェストの上にペンギンのぬいぐるみとアジアンタムの鉢と一緒に飾ってあった。 「何か質問してもいい?」