chanel マトラッセ バッグ
null
[シャネル] CHANEL スパライン マトラッセ ロゴ ボストンバッグ ハンドバッグ スポーツバッグ グレー 白 ホワイト [中古]
__null00
[シャネル] CHANEL スパライン マトラッセ ロゴ ボストンバッグ ハンドバッグ スポーツバッグ グレー 白 ホワイト [中古] 
CHANEL (シャネル) ミニマトラッセ スモールクラシック チェーンハンドバッグ ラムスキン(ダークネイビー)
__null00
CHANEL (シャネル) ミニマトラッセ スモールクラシック チェーンハンドバッグ ラムスキン(ダークネイビー) 
GALAXY Note3 ケース ギャラクシーノート3 ケース カバー 手帳型【お手入れシート付き】【AZEAL】
__2,28000
GALAXY Note3 ケース ギャラクシーノート3 ケース カバー 手帳型【お手入れシート付き】【AZEAL】 
CHANEL(シャネル) 2WAY ハンド/チェーンショルダーバッグ マトラッセ ヴィンテージ風レザー A67800 [並行輸入品]
__565,00000
CHANEL(シャネル) 2WAY ハンド/チェーンショルダーバッグ マトラッセ ヴィンテージ風レザー A67800 [並行輸入品] 
【CHANEL】シャネル カーフレザー マトラッセステッチ ボストンバッグ ブラック×ゴールド金具
__null00
【CHANEL】シャネル カーフレザー マトラッセステッチ ボストンバッグ ブラック×ゴールド金具 
null 葉山は、凶器のゴルフクラブから自分の指紋が検出されたことの理由を、申し開きすべきだと思った。  しかしそれを話すと、朱鷺子の凌辱事件を話さなくてはならない。朱鷺子はあの忌わしい事件を公にされたくないと考えているようだし、どのみち、自分はあの時、暴力傷害事件を引き起こしたので、かえって不利になるような気がして、葉山は凶器については、もう少し沈黙すべきだと思った。 「私の会社に電話をして下さい。牧園君という女子社員が、塚越商事から私に電話がかかってきたことを知っています」 「もちろん、あんたの会社の人間にはもうあたっているよ。牧園という女子事務員はゆうべ、八時頃まであんたの帰りを待って、会社で残業していたので、われわれも事情を聞いたんだ。しかし、彼女は詳しいことは何も知らなかったよ。あんたは昨日の午後三時頃、川崎インター近くのモーテルに行く、と言って会社を出たそうだな。それがつまり、口実を設けて門倉健太郎を呼びだしていた時間じゃないのかね」 「違いますよ。私は呼ばれたんだ。それでカメラを肩に吊《つ》るして下見に行ったんだ」  葉山はそう言いながら、カメラのことを思いだした。 「そうだ。私はいつも物件を下見に行く時は、写真を撮ります。昨日も表からあのモーテルの写真を撮ったんです。カメラは車の中にある。現像すると日付もはいっているはずです。それがあの時、モーテルに初めて下見に行ったことを証明してくれる何よりの証拠じゃありませんか」 「あんたの車内に遺留されていたカメラは領置して、あの写真も現像したさ。ちゃんと九月三日午後四時にルミネッサンスというモーテルの全景が撮られていたよ。しかしその写真は、あんたが下見にきたという口実を作るために撮ったのであって、あんたが被害者を殺さなかったという証拠にはならないんだよ」  そんなことを言い合っているうちに、先刻、取調室を出ていった若い刑事が戻ってきた。  若い刑事は福田警部補に、何事か耳打ちしている。  その直後、 「おい」  と福田警部補が机を叩いて、葉山を睨《にら》んだ。 「でたらめを言うのもいい加減にしてくれないか。神奈川県下に塚越商事というのは、実在することは、わかったよ。ガソリンスタンドやモーテルを経営することも事実だ。しかし、塚越商事に中根恵子などという女子社員や女マネージャーはいないという返事だぞ。……第一、あのモーテルは地元の城山という人間が経営しているもので、塚越商事とは何ら、関係ないことが証明されたんだぞ!」 「しかし……電話がかかってきたのは、事実なんです。事実だから仕方がないでしょう」 「何が事実だ! 何が仕方がない、だ。そんな子供欺しの言い逃れが警察で通用すると思うのか。え!」  福田警部補は、しだいに怒りを現わしてきた。 「さ、あんたの言い分もだいぶ、聞いてやったよ。もうそろそろ本当のことを吐いてもらおうじゃないか。——え、どうなんだね!」