世界ブランドlouisvuittonルイヴィトンモノグラムパンプキンドットヤヨイクサマジッピーウォレットブルーm60448_ビトン 小銭入れ|louisvuittonルイヴィトンモノグラムパンプキンドットヤヨイクサマジッピーウォレットブルーm60448経典スーツ 何かlouisvuittonルイヴィトンモノグラムパンプキンドットヤヨイクサマジッピーウォレットブルーm60448いい outlet!


2015-02-07 14:23    louisvuittonルイヴィトンモノグラムパンプキンドットヤヨイクサマジッピーウォレットブルーm60448
 彼は座敷に上った。そこには、お園さんの体温が籠っていそうな蒲団が延べられてあった。 「お蒲団敷きっ放しで、御免なさいね。上げると、埃が一杯立ちそうですから。」お園さんは癇性らしく言った。 「いいですよ。いいですよ。」  お園さんは顔を洗い、彼にお茶を出すと、鏡台に向って、お化粧をはじめた。白粉を塗り、頬紅をさし、口紅を引く横顔を、彼は飽かず眺めた。 「御免なさいねえ。人前でお化粧なんかして。」 「いいですよ。いいですよ。」  お園さんはお化粧が終ると、衣桁にかかった着物を取って、寝巻を着換えながら、また「御免なさいねえ。」と言った。彼もまた「いいですよ、いいですよ。」と繰り返した。 「子供騙し。」と、照れながら、彼は袂から飴を出した。  お園さんは、皿を持って来て、黄と褐色の紙に包まれた二いろの飴玉をきれいに並べた。そして頬っぺたを膨らませて、飴玉を舐めはじめた。 「おいしいお菓子ですわ。」 「割合おいしいですねえ。柿にしようかと思ったんだが、病気だと柿はよくないと思いましたから、飴玉にしたんです。飴玉は痰切にいいそうですよ。」 「そうですってねえ。有難いですわ。」  やがて、お園さんは買い物に行くために、立ち上った。 「明日はいらっしゃいませね。」 「ええ、来ます。明日の仕度の買い物でしょう。悪いなア。」 「いいえ、構わないですわ。」  二人は連れ立って出た。彼は一杯引っかけて帰りたかったから、駅前の方に行くお園さんに伴った。本通りを避けて、狭い裏通りから行ったから、傘をさして、二人並んで歩くのは困難だった。すると、お園さんは傘を畳んで、彼の傘に入って来た。彼はお園さんの肩に手をかけたいところだったが、明るい昼のこととて、それもならず、行き交う人の手前、さりげない話を交しながら歩いて行った。  翌る朝、彼は珍しく九時頃起きた。このところ宿酔が十日余りもつづき、床を離れるのは大抵十二時前後で、妹も誰もいない時は、一人ボソボソとお茶を沸かし、汁を温めて朝昼兼帯の食事をするのだった。それも酒と煙草の夜更しのため、頭はぼうとして、口は苦く胃は重く、全然食慾がなくて、御飯もお菜もまるで味のない食事である。御飯を食べなくてはからだに悪いと思うものだから、無理をして一杯でも二杯でも咽喉に押し込むのだった。それを思うと、食事の時の来るのが気が重いほどであった。この夏彼は郷里に帰っていたが、その前頃もこれと同じ状態で食事は努力であったが、郷里に帰った途端、三杯でも四杯でも、食事が自然に咽喉を通るのを不思議に思ったものだった。そんな状態に加え、一人ぼっちでする食事、妹と二人きりの食事、夕方になって妹や二人の娘たちが帰って来ても、妻のいない食事、彼は真に愉しい食事の味を忘れ、食事はいつも味気ないのであった。