收藏

2015冬新作 グッチブランドコピー 長財布2015冬新作 グッチブランドコピー ラウンドファスナー長財布 レディース GGキャンバス 308005-FAFXG-9643編集

「満室になりしだい、締切りますが、入居者が決まったら、その氏名、職業、家族の状況などは、オーナーである奥さんにあとで詳しくお知らせいたします」  明日香ハウスと名づけようか、と最初は話していたが、それではいかにも個人のセカンドハウスのように響くので、最終的には杉並サニー・ハイツと名づけたそのタウンハウス形式のマンションの経営は、すべて南急ナポレオンに委託しているわけだが、これで私もマンションのオーナーになったんだわ、と思うと、明日香は何とはなしに、誇らしい気分になった。 「それから……」  と、稲垣は言葉を改めて、 「これは仕事の話ではありませんが、奥さんにお詫びしておかなければならないことが、発生しました」  明日香には、例の殺人事件のことだな、とすぐにピンときたが、 「急に改まって、なァに?」  さりげなく聞いてみた。 「それが……」  稲垣はさすがに、切りだしにくそうにしていた。  それで明日香は、 「私のところにもこの間、刑事さんたちが来たわ。お話って、等々力のマンションで発生した美人OL殺人事件のことでしょ?」  そう助け舟をだすと、稲垣はびっくりして、 「ええッ——? もう……? 奥さんのところにもう警察関係者が行ったんですか?」  眼を丸くしている。  眼を丸くするほどでもない。警察の処置としては当然であろう、と明日香は社会通念上の常識として、そう思った。 「そうよ。被害者は何でも河野美紀さんといって、あなたの会社のOLだったそうじゃないの。あなたと何か関係があったんじゃないの?」 「そこまで聞いてらっしゃるのなら、話がしやすい。——実はぼくが以前、交際していた社内情事の相手なんです。そして、ぼくのほうから別れ話をもちかけて、こじれていました。それも、事実です。その女性がこの間の土曜日の深夜、自分の部屋で不幸な目に遭った。当然、ぼくも疑われたわけで、困っているんです」
表示ラベル: