收藏

ルイヴィトンヴェルニ財布新作編集

クロコダイル 鞄 クラッチ バッグ メンズ レディース
__2,220 - 2,98000
クロコダイル 鞄 クラッチ バッグ メンズ レディース 
ルイヴィトン LOUIS VUITTON バッグ レディース トートバッグ モノグラム ヴェルニ イカット プリント カタリーナBB ローズヴェルール M...
__198,00000
ルイヴィトン LOUIS VUITTON バッグ レディース トートバッグ モノグラム ヴェルニ イカット プリント カタリーナBB ローズヴェルール M... 
ルイヴィトン ヴィトン LOUIS VUITTON コインケース メンズ レディース 小銭入れ モノグラム ヴェルニ ポシェット・クレ NM ローズアンデ...
__49,80000
ルイヴィトン ヴィトン LOUIS VUITTON コインケース メンズ レディース 小銭入れ モノグラム ヴェルニ ポシェット・クレ NM ローズアンデ... 
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON 長財布 モノグラム ヴェルニ ポルトフォイユ・サラ ガレ M90210
__119,80000
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON 長財布 モノグラム ヴェルニ ポルトフォイユ・サラ ガレ M90210 
「たとえば……そうですね、お父さんがあなたに最後に言われたことは何か、とか、お母さんの死因は何か、といった具合です」 「えっ、母の死因?……」  詩織は度胆《どぎも》を抜かれた。  浅見の言ったとおり、警察ではその二つのことの、どちらも質問されなかった。母親の死因についてはともかく、父親との会話についても、「お父さんは何か言ってませんでしたか?」という、漠然とした訊き方をしていた。  それは、言外に「何か事件に関するような」という意味を含んでいるように思ったから、詩織は「いいえ、何とも」とだけしか答えなかった。  しかし、父親が最後に言っていたこと——という具体的なことだとすると、質問の意図ははっきりする。  詩織は大輔と交わした最後の会話を思い出して、ふっと涙ぐんだ。 「あ、失礼、悲しいことを思い出させてしまったようですね」  浅見は軽く頭を下げた。それに対して「いいんです」と言おうとして、詩織は声が出なかった。  幸い、道行く人がいなかったからいいけれど、もしこんなところを見られたら、どう思われるか——と、急いで涙を拭《ふ》いた。 「そこ、私の家ですけど、もしよければ、中でお話します」  詩織は言った。 「えっ、しかし、お独りなのでしょう。僕のような初対面の男がお邪魔しても構いませんか?」  浅見は紳士的なことを言った。 「ええ、構いません。そんなこと言ってたら、生きていけませんもの」  詩織は笑顔を作って、門を開けた。  応接室に案内して、お茶でも——と思ったとき、浅見は「何も構わないでください」と言った。 「すぐに帰りますから、お話のほうを聞かせてください」
表示ラベル: