どこで買ってブルガリ 長財布ブランドランキング|bvlgariブルガリ二つ折り長財布レッタレロゴマニア|ブルガリ 長財布メーカー_網 ブルガリ 長財布販売公式サイト outlet!


2015-02-07 15:02    ブルガリ 長財布
◎一九八六(昭和六十一)年 六十四歳  一月、小説『ちいろば先生物語』を「週刊朝日」に連載開始(八六年一月三・十日号〜八七年三月二十七日号)。  三月二十五日、文庫版『細川ガラシャ夫人』刊行(新潮社)。  三十日、随筆『聖書に見る人間の罪』刊行(光文社)。  五月十五日、文庫版『青い棘』刊行(講談社)。  七月二十五日、新潮文庫『愛の鬼才』刊行。  八月三十日、小説『嵐吹く時も』刊行(主婦の友社)。  九月二十三日、小説『夕あり朝あり』を北海道新聞他で連載開始(八六年九月二十三日付〜八七年五月三日付)。  十一月二十五日、文庫版『海嶺』刊行(角川書店)。  十二月二十日、自伝『草のうた』刊行(角川書店)、小説『雪のアルバム』刊行(小学館)。 ◎一九八七(昭和六十二)年 六十五歳  三月十五日、文庫版『広き迷路』刊行(新潮社)。  随筆『生かされてある日々』を「信徒の友」(日本基督教団出版局)に連載開始(八七年四月号〜九六年十月号)。  四月一日より五月末日にかけて、いのちのことば社伝道グループの主催で、三浦綾子ブックフェア実施。プログラムは次のとおりであった。 「映画と講演・三浦綾子の世界」  四月二十四日、講演「愛と祈りの三浦文学を語る」。講師水谷昭夫、映画「海嶺」上映。