2015冬新作 プラダ スーパーコピーメンズ 二つ折り長財布 2M0836
null
null(おれは、この子の父親じゃない!)  あまりに眉のあたりが、佐石によく似ていた。何も知らずに、すっかり子供が気に入ったらしい夏枝を見ると、啓造は意地の悪い喜びを感じた。 「この子の名は何というんだね」 「澄子とか一応名前はついているようだな」 「澄子ちゃんですの? かわいい名ですけれど、でもわたくしたちで名前をつけません? ね」 「澄子でいいよ」  啓造はおっくうそうに答えた。 「いいえ、新しく名前をつけますわ。わたくしたちの子供ですもの。はい、こんどはおとうちゃまにだっこ」  夏枝は、啓造に赤ん坊をさし出した。 「いいよ。だかなくても。こんな小さいのをだくと落としてしまいそうで、おそろしいよ」  啓造は手が出なかった。高木がニヤリとして、 「夏枝さん、育てかねたら、いつでも返してくださいよ。夏枝さんはまま子いじめはしないようだが、辻口はやりかねない」  車に乗ってからも、夏枝は赤ん坊に話しかけたりして、いつもに似合わず饒舌だった。 「こんなにかわいい赤ちゃんだとは思いませんでしたわ」  夏枝は、ノイローゼで入院していて、佐石の写真の載っている新聞を見ていなかった。見ていたとしても、まさかいま、自分の膝にだいている子が、佐石の子供と気づくはずはなかった。 「これから旭川に帰る汽車はあったかな」 「ありませんわ。もう九時近くですもの」