買ってルイヴィトンダミエグラフィットベルト何を買ったらいい,ダミエグラフィット長財布コピー ルイヴィトンダミエグラフィットベルト経典スーツ|新しいルイヴィトンダミエグラフィットベルト価格 outlet!


2015-02-10 23:45    ルイヴィトンダミエグラフィットベルト
「……腹のなかを、食いちぎってやる。」  ヒュウゴは、ふふっと笑った。 「いや、わたしたちがかみついたていどじゃ痛いとも思わないくらい、とほうもなく、でかい怪物だったら、という話ですよ。」  すっと目を海にむけて、ヒュウゴはつぶやいた。 「なにができるか……それは、そのうち、わかるでしょう。」  胸に、ぽつん、となにかが落ちてきて、ひろがった。チャグムは、海をみているヒュウゴの横顔をみつめた。  チャグムはつぶやいた。 「なぜ、わたしをさらったのだ。」  ヒュウゴは、チャグムにむきなおった。 「手柄をたてるために。」  口のはしをゆがめてそういってから、ヒュウゴは、ふっと真顔になった。 「それに、むだな戦はみたくない。」  当直にきこえぬよう声をひくめ、そういった、ヒュウゴの目には、おどろくほど真剣な光がうかんでいた。 「タルシュ帝国の王子たちは、ヨゴの皇族とはちがう。戦費もかからず、兵士も殺さないですむ方法があれば、そちらをえらぶ。――あなたが、やつらの兵力をうしろ盾にして国に帰り、父に退位をせまって、帝になれば……そして、サンガルの王族のように、タルシュ帝国にしたがう道をえらべば、新ヨゴ皇国は、焼野が原にはならないでしょう。」  しん、とした冷たいしびれが、全身をおおった。チャグムは、なにもいえなかった。  そのこおりついたようなチャグムの表情をみて、ヒュウゴは、ふいに、いらだったように、いった。 「……風がつよくなってきました。もう、おやすみください。」  チャグムはこたえなかった。