收藏

ルイヴィトンエピキーポル45編集

加代からは何もいってこなかったが、透きとおるような水色のネグリジェを送ってきた。私は二度とミホに近づかなかった。いいかえれば、アイバと同じくらいに東京ローズに当てはまる条件をそろえた十三人の女性の名があがったのである。書かれたことの真意を読み取るのは難しい。 ——僕はゆり絵だ。きちんと着替えていた。
これまで私は小説こそ滅多に書けなかったが、屁のような雑文はまあ人並の速度で生産してきた。その釘はぶらさがるには低すぎる位置にあった。 裏の工場といっても、機械とてないほんの手工業のもので、夜明けに飴屋から米で作った飴を大八車に積んで運んでくる。乾き切った大気、強い風、異様な暑さ……。 ——昭和五十五年八月 ——ことによると、あんな風に静かに尻をくっつけているだけだから、子供が生れないのだろうか?私のように四十なかばまでゴロツキをして、五十歳で作家になったのは、地面を掘ったら石油が出たアラビア人と同じで、幸運なだけなのです」 というのが、いつでも私のお話しする内容で、事実私は、心の底からそう思っているのです。が、その後なんの決定も聞けなかった。同誌編集長フランシス・ホワイティング女史からのもので、同誌は「反逆者」の記事などに全く興味がなく、ましてや二千ドルもの大金を動かす気など皆目ない、いったいどんなつもりでそのような契約をしたのかさっそく説明せよ、というきついものだった(ナッシュビル・テネシアン紙、一九四八・五・二)。 飾り棚に並んだ陶器類も、照明器具も、小机の上の置時計や小さな人形なども、若い女の部屋としては一分の隙《すき》もなく整い、見事に調和していた。 翫太郎が感心して、楽屋で、 「失礼ッてえン!
超レアイベントだ。」 霧「……関係、ありません」 つかつかと去っていく。 「うむ、そうか」 博士もさすがにこれ以上は説明しても、と思ったのだろう。 そのせいかひどく口数が少なく、どうかすると、ちょっと頭が足りないように見えた。 「多分こういうことだ。彼女はそのまま甘えるようにロ元にこぶしを当てて瞳を閉じています。 青ぶくれの青年は伸一であった。 ただただ、 「すまない………すまない………」 と大泣きに、泣き崩れた。淡いところや濃いところ、ぼかしたようだったり墨のようだったりする雲が次々に流れて行く。 朝から何か変だった。
梶岡はとほうもない秘密を握っているはずだ。でも大丈夫さ。この国では、どんな時でも、自然の話題から入るのが無難である。彦三郎の息子は、たまたまその三名の中の一人だったのだ」 編集者は唇を噛《か》み、それからさりげなく言った。 聖子はだるい身体を動かして、文箱からしばらく前にきた桃子の手紙を取出すと、達筆とはほど遠い丸っこい文字をもう一度辿ってみた。 勿論、結局のところ体質は不可解であり、すべては謎《なぞ》に包まれている。…………………… けど八方美人に進めてきた俺は、何も得られないまま時間を浪費してしまった。 周囲に人がいないのに騒いでも虚しいだけだ。指揮は自ら取るのじゃ」 長慶の決断で、吉田山に布陣している五千の軍勢が花の御所に呼び戻されることになった 中丸か」 「そうだよ」といったところで、あっと思う。
べらぼうに嘘《うそ》だけど。環」 「私も、いちばんにあなたが好き」ご主人様の命令なのだ。」 立ち止まる。阿川さんのみならず、私らもさすがに失望し、憤慨した。総じて日本犬は喧嘩っ早く、坂口安吾によれば、日本犬を連れていると暴力団の若い衆と一緒に歩いているようなものだ、という。 千秋さんは、腰をためて缶を脇《わき》にまわし、続いてそれを突き出した。 冬子「んんんんっ!家で盆栽でもいじってろ」と逆にはね飛ばされる。 世界と一体化した、その全能感だけがすべてだ。」相手は僕の話を聞いてないが、こちらはつい尋《たず》ねてしまう。
口の中は当然、血と足の指の味、それに歯の裏側は肉の切《懸》れ端《はし》がこびりついている。「たった一つのもの(親友)」 です。カラカラな顔してさ。窓の外に手を垂らすその権利があるよ、霧には」 受け入れよう。その環境に適応してコミューケーションが潤滑《じゅんかつ》になっても、実社会に出る能力が身に付いたわけじゃないんだ。たまにほっておく。どうして感じるの? 「はい」 「機械を動かして、警報の鳴る場所を替えてみたそうです。信長の無遠慮な言葉にも腹が立たなかった。それから、うるんだ目でかっと、みずえをにらんだのです。
だが、やがて彼はピアノヘ戻って行き、巧みに弾き、朗々と歌った。 博士が心中穏やかでないときもあれば、きっと寝ているときもあるだろう。 声をかけると、年とったほうは、やはり日本語をしゃべった。我慢《がまん》は一切《いっさい》ない。シートに座っているのも飽《あ》きるもんですよ。 もう一人、鈴木貫太郎の登場に心を躍らせているものがいた。参謀本部には喜色が流れ、『大本営機密戦争日誌』には「天佑トモ言フベシ、之ニテ帝国ノ開戦決意ハ踏切リ容易ニナレリ、芽出度々々々」と記され、いまや主戦派の最大の援軍は、皮肉にもアメリカ政府の指導者ルーズベルトとハルであることを隠さなかった。軍務局長として勢威をふるい、憎しみの対象となっていた武藤の転落は、あまりに早くあっけなかった。座して石油の絶えるのを待つか。
表示ラベル: